アニメ化作品

角川ホラー文庫

バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム

ファン必読! 平賀、ロベルト、サウロ、ジュリア…彼らの過去が明らかに!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041006290
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

アニメ化作品

角川ホラー文庫

バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム

ファン必読! 平賀、ロベルト、サウロ、ジュリア…彼らの過去が明らかに!

  • 著者 藤木 稟
  • イラスト THORES柴本
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041006290

ファン必読! 平賀、ロベルト、サウロ、ジュリア…彼らの過去が明らかに!

奇跡調査官の初仕事を終えた平賀は、生物兵器を開発するなど、危険行動が目立つ天才少年と面会することに。迷える少年の心を救うため平賀のとった行動とは。平賀とロベルトとの出会いや、ジュリアの過去も明らかに!

登場人物

平賀・ヨゼフ・庚(ひらが・よぜふ・こう)

日本人の青年神父。24歳。ほっそりとして色白、女性にしても良いくらいの美貌の持ち主。骨肉腫をわずらう12歳の弟・良太がいる。

ロベルト・ニコラス

イタリア人の青年神父。男らしい体つきの精悍な美男子。平賀とコンビを組んでいる奇跡調査官で、古文書と暗号解読のエキスパート。神父とは思えないほど世慣れていて、きちんと自分の人生を楽しむタイプ。

ジュリア司祭(2巻目から登場)

プラチナブロンドの髪とグリーンの瞳をもつ、美貌の青年神父。アフリカのソフマ共和国の教会で貧しい人々を救う、聖者のような司祭。

サウロ大司教

平賀とロベルトの良き上司。信仰心があつく、また現在においては希少な悪魔祓い(エクソシズム)を体験した、英雄的大司教でもある。

ローレン・ディルーカ

バチカン情報局で平賀の調査の補佐を行う。天才肌で、数々の事件で名サポートを見せるが、実は最重要犯罪者。現在脱獄し、行方不明になっている。

チャンドラ・シン博士

ローレンの後任として平賀のサポートを行う、優秀な数学者。ある事情からローレンを憎んでおり、その足取りを追うべくロベルトに協力を依頼する。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 登場人物紹介からしてによによ。だって平賀の所に天然って書いてある……!お題は『転機』かな。『日だまり』ロベルトが平賀を溺愛する理由。今は普通に見えるロベルトの過去にほろりときました。光をくれた二人のヨ 登場人物紹介からしてによによ。だって平賀の所に天然って書いてある……!お題は『転機』かな。『日だまり』ロベルトが平賀を溺愛する理由。今は普通に見えるロベルトの過去にほろりときました。光をくれた二人のヨゼフとの出会いの物語。『天使と悪魔』宗教的強制に興味を持ちました。彼は今、手足に枷を嵌めたまま何処を彷徨うのか。『サウロ』聖書の言葉を喉飴みたいにくれるサウロの物語。彼の言葉が強く温かく、光を放つ理由。『ファンタンゴ』ファンタスマゴリアの夜を思い出しました。嘘と本当と仮面と。人の持つ天使性と悪魔性を語る短編集 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2013年04月08日
    107人がナイス!しています
  • バチカン奇跡捜査官だと思えないほどに早く読み終わっってしまった。薀蓄パートがないとこんなにスラスラ読めるのね…。いつものボリュームに慣れちゃってたからちょっと物足りなかったかも。今回はそれぞれの過去エ バチカン奇跡捜査官だと思えないほどに早く読み終わっってしまった。薀蓄パートがないとこんなにスラスラ読めるのね…。いつものボリュームに慣れちゃってたからちょっと物足りなかったかも。今回はそれぞれの過去エピソードでした。ロベルトが平賀を溺愛してる理由が少しわかった気がする。『天使と悪魔のゲーム』のブリ―ケット氏が少し気になる。誰なんだろう?ジュリアの話は…この人が絡むといつも胸糞悪いんだけど今回は特にムカムカ。3巻のあれはこの子だったんだ。エドガー・アラン・ポーに似てる話があるみたいなのでそれも気になります。 …続きを読む
    和夜
    2017年08月15日
    98人がナイス!しています
  • 再読。バチカンシリーズのスピンオフ。「日だまりのある所」「天使と悪魔のゲーム」「サウロ、闇を祓う手」「ファンダンゴ」収録。ロベルトの過去が泣けますね。だからロベルトはあんなに平賀のことが好きなのかなと 再読。バチカンシリーズのスピンオフ。「日だまりのある所」「天使と悪魔のゲーム」「サウロ、闇を祓う手」「ファンダンゴ」収録。ロベルトの過去が泣けますね。だからロベルトはあんなに平賀のことが好きなのかなと思ったり。ローレンが実はかなり若いというのに驚き。平賀の天使っぷりも健在。サウロの過去も興味深い。サウロとロベルトって似た者同士かも。そして、いつもおいしい所をさらっていくジュリアでした。今後の展開はどうなっていくのかな。ちらちらジュリアやローレンの姿は見えてるけど。まだまだ彼らを追いかけていきます。 …続きを読む
    蓮子
    2016年04月26日
    91人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品