花屋敷澄花の聖地巡礼(2)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
232
ISBN:
9784048660297

花屋敷澄花の聖地巡礼(2)

  • 著者 五十嵐 雄策
  • イラスト 三輪 フタバ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
232
ISBN:
9784048660297

「『聖地巡礼』って、不思議だね……」彼女の聖地を巡礼する旅、第2幕!

ようやく七年ぶりに学校に通えた花屋敷澄花。でもクラスに馴染めない澄花のため、行人にはやることは山積み。まずは彼女の趣味である聖地巡礼からスタート!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「花屋敷澄花の聖地巡礼(2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これはあれか。文庫じゃなくてパンフレットか。相変わらず手を変え品を変えやってることはいつもどおりと。まぁその安心感があるからここまで読んでるのもあるけど。この作品のいいところは聖地巡礼を単なる舞台訪問 これはあれか。文庫じゃなくてパンフレットか。相変わらず手を変え品を変えやってることはいつもどおりと。まぁその安心感があるからここまで読んでるのもあるけど。この作品のいいところは聖地巡礼を単なる舞台訪問だけに留めずに近隣のグルメとか周辺への注意とかちゃんと書いてあるところかなぁ。ただ、まだ拡がる前で(というか拡がる前に打ち切られた?)あるのは確かだけど、今までの作品にはまだあったキャラへの魅力がどうにも見えてこないんだよなぁ。 …続きを読む
    中性色
    2015年04月10日
    18人がナイス!しています
  • うーん相変わらず薄いなぁ。 聖地の紹介としてはそれなりなんだけど小説としての出来を見ると非常に微妙なんですよね。なんというか行人との恋愛と聖地巡礼の関係性が1巻よりもさらに薄くなっているんですよね。お うーん相変わらず薄いなぁ。 聖地の紹介としてはそれなりなんだけど小説としての出来を見ると非常に微妙なんですよね。なんというか行人との恋愛と聖地巡礼の関係性が1巻よりもさらに薄くなっているんですよね。おかげで物語単体としての出来がさらに悪くなっている。わざわざラノベとして発売するのではなく雑誌の1コーナーとしてなら許せるレベルの出来でした。次巻は買いません。 …続きを読む
    まりも
    2013年10月16日
    7人がナイス!しています
  • こういう書き方もなんなのですが、この巻って必要だったのでしょうか? たしかに澄花が学校に慣れるまでのエピソードや聖地巡礼部結成のいきさつは物語の進行上必要ですけど、それがどれくらいのボリュームで描かれ こういう書き方もなんなのですが、この巻って必要だったのでしょうか? たしかに澄花が学校に慣れるまでのエピソードや聖地巡礼部結成のいきさつは物語の進行上必要ですけど、それがどれくらいのボリュームで描かれるかが重要なのに、本巻ではそうしたエピソードがほとんどないため、文字通りの聖地巡礼ガイドブックになってしまっています。よく取材してるし作者は楽しそうなので結構なんですが、自分的には初巻のような「聖地巡礼をテーマにしたライトノベル」を読みたいので、次巻ではその辺のバランスが調整されることを期待します。 …続きを読む
    尚侍
    2013年10月10日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品