電気サーカス

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
484
ISBN:
9784048660662

電気サーカス

  • 著者 唐辺 葉介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
484
ISBN:
9784048660662

週刊アスキー連載の小説が待望の書籍化。まだ高速回線も常時接続も普及しておらず、皆が電話回線とテレホーダイを使ってインターネットに接続していた時代。“テキストサイト”で自己表現を試みる若者達がいた……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「電気サーカス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ブログ前夜。テキストサイトの時代。通過儀礼の物語。イタさが切ない。 ブログ前夜。テキストサイトの時代。通過儀礼の物語。イタさが切ない。
    miroku
    2018年03月21日
    21人がナイス!しています
  • 病んでるかまってちゃん、そんな彼女と彼をピエロのように描く物語。時は2000年、初代iMacだとかISDNだとかネット社会で見ると一昔前。病んだ人の鬱日記的独白が長々と続くので、なんとも疲れる物語。オ 病んでるかまってちゃん、そんな彼女と彼をピエロのように描く物語。時は2000年、初代iMacだとかISDNだとかネット社会で見ると一昔前。病んだ人の鬱日記的独白が長々と続くので、なんとも疲れる物語。オーバードーズにリスカ、精神的不安定に描かれる彼女彼らが日々やってることは結構異常なのに物語は淡々としているから呑み込まれる。でも最低だな、という印象が強いので後味はそんなに悪くない。 …続きを読む
    HoneyBEE
    2014年02月08日
    12人がナイス!しています
  • テキストサイトの管理人でまともに働けず薬に溺れる「僕」と、自殺未遂などのエキセントリックな行動を繰り返す真赤という未成年の少女との共依存的な同居生活を物語の主軸として、週刊連載小説らしく断片的な小エピ テキストサイトの管理人でまともに働けず薬に溺れる「僕」と、自殺未遂などのエキセントリックな行動を繰り返す真赤という未成年の少女との共依存的な同居生活を物語の主軸として、週刊連載小説らしく断片的な小エピソードの集積によってこの長編小説は書かれている。作中の言葉にあるように「日々脳裏に浮かんだよしなしごとを脈絡もなく書きつらねていく」ような日常生活の描写が「僕」が過ごした時間の流れを感じさせる。「僕」と真赤の関係の破綻は目に見えているのに、こんなにやるせなく心を抉るのかと終盤では呆然としてしまった。 …続きを読む
    giant_nobita
    2017年01月21日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品