ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~

ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年08月25日
商品形態:
電子書籍

ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~

  • 著者 十三 湊
発売日:
2016年08月25日
商品形態:
電子書籍

京都のお弁当屋を舞台に繰り広げられる美味しくて心温まる人情ドラマ!

ここは、昔ながらの家屋が残る姉小路通沿いに、こぢんまりと建っている仕出し&弁当屋「ちどり亭」。店主の花柚さんは二十代半ばの美しい人で、なぜか毎週お見合いをしている。いつも残念な結果に終わるらしいんだけど、どうしてなんだ? 「結婚したいんですか?」と尋ねると「お見合いがライフワークなの」と答える彼女。うーん、お茶目な人だ。そんな花柚さんが作る最高に美味しいお弁当は、とても人気で、花柚さんもバイトのぼくも毎日、朝から仕出しや弁当販売で大忙し。あ、いらっしゃいませ! どのお弁当にしますか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 京都御所の南、姉小路通沿いの小さな仕出し弁当屋「ちどり亭」。店主は長い髪をふんわりまとめいつも簪や花飾りをつけている美しい「蒔岡のお嬢さん」花柚。毎週土日は「ライフワーク」のお見合いに忙しい・・料理を 京都御所の南、姉小路通沿いの小さな仕出し弁当屋「ちどり亭」。店主は長い髪をふんわりまとめいつも簪や花飾りをつけている美しい「蒔岡のお嬢さん」花柚。毎週土日は「ライフワーク」のお見合いに忙しい・・料理を習う彗太のサークル仲間の菜月は先輩にお花見で告白するというが・・オムライスの苦い想い出(桜始開)花柚のもと婚約者永谷が仕出し弁当を依頼、書道家の内儀のいう「黄色い麻薬」とは(玄鳥至)永谷が結婚するらしい、花柚は最後のお弁当をつくるが・・また従兄弟美津彦の企み(紅花栄)等・・繰り広げられる物語は切なく暖かく。 …続きを読む
    たっくん
    2018年02月23日
    159人がナイス!しています
  • 面白かった。食べ物系小説と言う分野が存在するのか分からないが、私はどうやら食べ物系が好きらしい。何となくガサツに生きてるな自分…もう少し丁寧に生きよう!と思った一冊でした。さっそく次巻も読むぞ。 面白かった。食べ物系小説と言う分野が存在するのか分からないが、私はどうやら食べ物系が好きらしい。何となくガサツに生きてるな自分…もう少し丁寧に生きよう!と思った一冊でした。さっそく次巻も読むぞ。
    さくらさくら
    2019年06月02日
    154人がナイス!しています
  • これは気に入った。ふうわりと品良く優しい気持ちにさせてくれるお話揃い。毎週末のお見合いがライフワークという旧家のお嬢様が店主の仕出し屋さんが舞台。ぶっ飛んだ設定のキャラクターが多く登場する割には、目く これは気に入った。ふうわりと品良く優しい気持ちにさせてくれるお話揃い。毎週末のお見合いがライフワークという旧家のお嬢様が店主の仕出し屋さんが舞台。ぶっ飛んだ設定のキャラクターが多く登場する割には、目くじらを立てることもなく、するすると気持ちよく読ませてくれるのは、人の機微や二十四節気、七十二候を無理なく盛り込んでほろりとさせるストーリーと丹精こめられた料理を目の前に繰り広げてくれるから。歳時記カレンダーも去年までは使っていたけれど、忙しいと目にしなくなってしまう。来年は日めくりカレンダーを必ず買おう! …続きを読む
    seacalf
    2017年08月26日
    131人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品