ゴーストハント5 鮮血の迷宮

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784040686608

ゴーストハント5 鮮血の迷宮

  • 著者 小野 不由美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784040686608

増築に増築を重ねて100以上の部屋が迷宮のように連なる巨大な洋館で人が消えてゆく。原因解明のために20人もの霊能者が集められたが、彼らも次々と姿を消す。霊媒の真砂子は館内で血の匂いを感じ取った。シリーズ中、最もおぞましい怪異が立ちはだかる!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ゴーストハント5 鮮血の迷宮」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 5巻読了。今のところ1番怖いかも。安原さんがナルの振りをするけど、さすが頭いいだけはある、機転が上手いなぁと感じる。真砂子が可愛い、普通の女の子なんだなって思った。健康を保つために若い人の血を…って怖 5巻読了。今のところ1番怖いかも。安原さんがナルの振りをするけど、さすが頭いいだけはある、機転が上手いなぁと感じる。真砂子が可愛い、普通の女の子なんだなって思った。健康を保つために若い人の血を…って怖すぎるでしょ。それに何人も何人も犠牲になった、死んでいるのに未だにそれを求めるなんて鳥肌がたってきてしまう。巻数が進む事に読みやすくなっている気がする。怖いけど次へ次へと、どんどん読み進めたくなってくるから不思議。 …続きを読む
    いく
    2019年07月22日
    2人がナイス!しています
  • 今回のが今までの中で一番面白い。作品を重ねるごとに話の質をあげてくる小野さんすごい。ただこれラノベではないよね。禍々しい屋敷に禍々しい歴史。最高。安原くんが加わってミステリ要素も高まってさらにいい感じ 今回のが今までの中で一番面白い。作品を重ねるごとに話の質をあげてくる小野さんすごい。ただこれラノベではないよね。禍々しい屋敷に禍々しい歴史。最高。安原くんが加わってミステリ要素も高まってさらにいい感じだわ。 …続きを読む
    うぃっくす
    2018年11月10日
    2人がナイス!しています
  • 今回のめちゃ面白いな。屋敷系。結構不気味だし内容も悲惨w素晴らしいよ。鮮血のラビリンス...(ボソッ 今回のめちゃ面白いな。屋敷系。結構不気味だし内容も悲惨w素晴らしいよ。鮮血のラビリンス...(ボソッ
    粉っしー
    2018年11月07日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品