社会人大学人見知り学部 卒業見込

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月17日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784040680880

社会人大学人見知り学部 卒業見込

  • 著者 若林 正恭
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月17日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784040680880

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「社会人大学人見知り学部 卒業見込」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あんまり、良く知らない人だったけど面白かった。悩みのドツボにはまってしまうことあるよね。私も、作者を参考にして、抜け出そうと思った。 あんまり、良く知らない人だったけど面白かった。悩みのドツボにはまってしまうことあるよね。私も、作者を参考にして、抜け出そうと思った。
    tae
    2017年01月16日
    16人がナイス!しています
  • オードリーの若林の下積み時代や考え方を知ることができた。 オードリーの若林の下積み時代や考え方を知ることができた。
    てつろう
    2016年04月07日
    16人がナイス!しています
  • 本編最後の章のタイトルが「春日」。最後の最後に名前が初めて出てきた著者の相方であるこの男こそが、著者の裏返しであり、あるいは憧れなのかもしれない。社会人になった証というものが、もしそのことに気づくこと 本編最後の章のタイトルが「春日」。最後の最後に名前が初めて出てきた著者の相方であるこの男こそが、著者の裏返しであり、あるいは憧れなのかもしれない。社会人になった証というものが、もしそのことに気づくことであったのなら何という皮肉であろうか。春日のあの余裕綽々たる生き方には底知れぬ魅力を感じずにいられないが、彼のような種類の人間の言い分はあまり知られていない。そんなもの無いからだ。ネガティブだからこそ救いを得ようともがくし、もがく人間の表現こそ美しくまた面白いのだ。 …続きを読む
    from_kumagaya
    2017年02月25日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品