神さまのいる書店 まほろばの夏

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784040677033

神さまのいる書店 まほろばの夏

  • 著者 三萩 せんや
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784040677033

「本と友達になれるなんて、とっても素敵なことだと思わない?」

本好きの高校2年生、紙山ヨミが、夏休みのバイト先として紹介された「まほろば屋書店」。そこは魂の宿る生きた本「まほろ本」を扱う、世にも不思議な書店だった。ヨミはそこでまほろ本の「中の人」サクヤと出会う。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神さまのいる書店 まほろばの夏」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。本好きの女子高校生がまぼろば屋書店という古書屋にバイトする。そこが本に魂が入っていて本の化身とおしゃべりしながら、主人公が奮闘していくお話。たぶん続編出る?とおもうような内容で登場人物もそん 図書館本。本好きの女子高校生がまぼろば屋書店という古書屋にバイトする。そこが本に魂が入っていて本の化身とおしゃべりしながら、主人公が奮闘していくお話。たぶん続編出る?とおもうような内容で登場人物もそんなに出てこない。入り込む前に読了してしまった・・・。 …続きを読む
    ナイスネイチャ
    2016年01月05日
    187人がナイス!しています
  • 読破。舞台が身近でこそばゆい感じ。氷川神社とか大宮駅とか(笑)まあ、個人的には大宮駅周辺ってゴミゴミしててあまり好きじゃないんですがね。☆さて、本好きとしては書店とか図書館とかあると、やはり気になりま 読破。舞台が身近でこそばゆい感じ。氷川神社とか大宮駅とか(笑)まあ、個人的には大宮駅周辺ってゴミゴミしててあまり好きじゃないんですがね。☆さて、本好きとしては書店とか図書館とかあると、やはり気になります。本書もそれで選んだわけですが、ここに出てくる本達は一味違います。惜しむらくは、このまほろ本という魅力的で可愛い設定が表現しきれてない感じ。でも、量を増やせば薄くなりそうだしなー。ちょっぴり残念な作品でした。ちなみに直前に読了した作品と同じ作家さんの作品だったのは偶然(^o^; …続きを読む
    七色一味
    2016年03月12日
    119人がナイス!しています
  • まほろば屋書店は魂の宿った生きた本を扱う神さまのいる書店だった、そこでアルバイトを始めたヨミは本大好き女子高生、犬や猫動物の魂や人間の魂まで、本好きには魅力的な設定、ファンタジーは好きなので軽く読めた まほろば屋書店は魂の宿った生きた本を扱う神さまのいる書店だった、そこでアルバイトを始めたヨミは本大好き女子高生、犬や猫動物の魂や人間の魂まで、本好きには魅力的な設定、ファンタジーは好きなので軽く読めたが全体的にふわふわ甘く綿菓子のような印象、続きも一緒に借りてきたけど間にお煎餅を挟んでからでないと次へ行くのはきつそう、あまり客が来ない書店に店員がそんなに増えてどうするんだと現実的な事を考えてしまった、小中学生向きかな。 …続きを読む
    みかん🍊
    2016年07月26日
    92人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品