神さまのいる書店 冬を越えて咲く花

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041073155

神さまのいる書店 冬を越えて咲く花

  • 著者 三萩 せんや
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041073155

本と友達になれるなんて、とっても素敵なことだと思わない?

第2回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉受賞。感動の書店ファンタジー第2巻!
魂の宿る「まほろ本」を扱う、まほろば屋書店にやってきた新しい仲間。それは、“自傷"する本だった――。
まほろば屋書店でのアルバイトに夢中のヨミに、姉・エイコは「受験勉強、ちゃんとしてるんでしょうね?」と釘を刺す。そんなエイコに、ひょんなことから「まほろ本」の存在がバレてしまい――?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神さまのいる書店 冬を越えて咲く花」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第2弾!まほろば屋書店に、新たなまほろ本メイ登場。だけど、繊細というか、ややこしいというか、訳ありすぎる。そんなメイを、自分なら、どうするか考えてしまいましたね。ヨミとサクヤの関係が天然ボケっ シリーズ第2弾!まほろば屋書店に、新たなまほろ本メイ登場。だけど、繊細というか、ややこしいというか、訳ありすぎる。そんなメイを、自分なら、どうするか考えてしまいましたね。ヨミとサクヤの関係が天然ボケっぽくて微笑ましいね。ヨミ、気づけよ!とツッコミたい(笑)。ヨミの姉エイコの本にたいする愛情は素敵。後半は泣かされた。サヨナラは悲しいけど、お互いに想いをかなって別れるなら素敵だなと思います。自分が当事者なら、辛いかな。いや、堪えて前に進みたいですね。 …続きを読む
    しんごろ
    2019年07月23日
    164人がナイス!しています
  • シリーズ2作目。1作目より面白かったです。とても暖かく優しい気持ちになれる本。特にまほろ本のマツおばあちゃんの語りが暖かい気持ちにさせてくれました。そしてブックカバーに込められた優しさにはうるっとしま シリーズ2作目。1作目より面白かったです。とても暖かく優しい気持ちになれる本。特にまほろ本のマツおばあちゃんの語りが暖かい気持ちにさせてくれました。そしてブックカバーに込められた優しさにはうるっとしました。本作では新しいまほろ本仲間・メイが加わりましたが、彼女は自傷する本。ヨミのおかげでもうしないでしょうけど。まだまだ仲間が増えるかな?それとも読者を見つけて旅立っていくかな?ヨミの恋もちょっとだけ気になるところ。次作も楽しみです。 …続きを読む
    Disneylove
    2019年10月08日
    38人がナイス!しています
  • 文庫版で再読です。ヨミとサクヤとの会話が甘いです。今回はエリコも結構出てきて、前作と少しイメージが変わった感じがします。メイがヨミとの関係で救われてよかったです。表紙のメイもすごく可愛いです。最後のブ 文庫版で再読です。ヨミとサクヤとの会話が甘いです。今回はエリコも結構出てきて、前作と少しイメージが変わった感じがします。メイがヨミとの関係で救われてよかったです。表紙のメイもすごく可愛いです。最後のブックカバーのシーンは何回読んでも印象的です。 …続きを読む
    アズマ
    2018年12月05日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品