シュヴァルツェスマーケン 7 克肖導く熾天の大地へ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月29日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
392
ISBN:
9784047295285

シュヴァルツェスマーケン 7 克肖導く熾天の大地へ

  • 原作 吉宗 鋼紀
  • 文 内田 弘樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月29日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
392
ISBN:
9784047295285

BETAに磨り潰されるために生きる未来を俺は許すわけに行かない!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「シュヴァルツェスマーケン 7 克肖導く熾天の大地へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦記物として圧倒的満足感。 ベアトリクスを含め皆思想や主義ではない理想に殉じていた。存亡の危機に立ってどう在るべきか。統一か、統率か、どちらにせよ我々は国家のために殉死せねばならない。 ただ生き残るこ 戦記物として圧倒的満足感。 ベアトリクスを含め皆思想や主義ではない理想に殉じていた。存亡の危機に立ってどう在るべきか。統一か、統率か、どちらにせよ我々は国家のために殉死せねばならない。 ただ生き残ることだけを考えたアクスマンは今作で唯一の現実的な人間であり、それ故唾棄すべき悪党なのかもしれない。 だが人に燃える理想のために戦えることを今作は伝える。演説するカティアが、戦うテオドールが、いやそれ以外の次々と死んだ仲間たちが輝く。彼らの過去の多くは本編では明かされないが、どれも理想のためであった。(1/2) …続きを読む
    のれん
    2022年06月05日
    10人がナイス!しています
  • 傑作。書き切った作者に最大級の賛辞を送りたい。「英雄」を引き継いだテオドール、引き継がせたアイリスディーナ、「聖女」となったカティア、彼らをそこへ連れて行く礎となった666の隊員たち。全員の思いが重な 傑作。書き切った作者に最大級の賛辞を送りたい。「英雄」を引き継いだテオドール、引き継がせたアイリスディーナ、「聖女」となったカティア、彼らをそこへ連れて行く礎となった666の隊員たち。全員の思いが重なった先に実現した「ベルリンの壁崩壊」という奇蹟。BETAの大攻勢の前に結局東ドイツの国土は消滅し、国民は西側へ疎開することになったもののアイリスディーナが言ったように民がいれば国は再建できる。無謬ではないが最善の結末の一つに辿り着けたと思う。終盤に西側の衛士が続々と駆け付けるシーンは3巻以来の胸熱だった。 …続きを読む
    無重力蜜柑
    2022年01月09日
    7人がナイス!しています
  • グレーテル生きてて、えぇぇ!とか言ってしまったのは内緒。BETAに勝つとか負けるとかではもはやなく、そばにいる人たちと手を取り合って、希望を持って進む……満足できるラストでした。一方で、シュタージや大 グレーテル生きてて、えぇぇ!とか言ってしまったのは内緒。BETAに勝つとか負けるとかではもはやなく、そばにいる人たちと手を取り合って、希望を持って進む……満足できるラストでした。一方で、シュタージや大国の様々な思惑があって、「わからないでもない」と思いましたが、ベアトリクスの理想ではあそこが限界だったのでしょう……。難しいところです。全編通してすごく重たかったですが、互いの正義がぶつかり合い一歩も引かないこういう物語はやはり面白いものです。良い最終巻でした。 …続きを読む
    シャルシェ
    2015年09月21日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品