冬の終わり、青の匂い 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年11月28日
商品形態:
電子書籍

冬の終わり、青の匂い

  • 著者 百名 哲
発売日:
2013年11月28日
商品形態:
電子書籍

『演劇部5分前』の百名哲が発表してきた短編作品が、ついに1冊に!

彼氏が家に置いていった、言葉を話す猫。帰ってこない彼を、私も猫もひたすらに待つのだが……。えんため大賞に入賞し、多くの読者から熱烈な支持をうけた 名編『ばかねこ』をはじめ、コミックビーム誌で発表した読切(『桜の頃』、『サムライ戦隊ブシドーファイブ』、『ポカリ』)はすべて収録。さらに、大正時 代を舞台に“女の業”を描いた未発表作品『接ぎ木』や、描きおろし掌編も加えた珠玉の1冊!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冬の終わり、青の匂い」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この作家さんの本をずっと探していて、やっと入手。やっぱり、デビュー作から作風は(良い意味で)変わってない。全作品良かったですが、敢えてベストを決めるなら「聞こえてくる歌」と「ポカリ」かな(え?2つ挙げ この作家さんの本をずっと探していて、やっと入手。やっぱり、デビュー作から作風は(良い意味で)変わってない。全作品良かったですが、敢えてベストを決めるなら「聞こえてくる歌」と「ポカリ」かな(え?2つ挙げるのはズルいって?よく読んでごらん。ベスト1とは書いてないよw)次に入手出来るのは、何年後だろうw …続きを読む
    シネマにあ文花
    2017年08月15日
    15人がナイス!しています
  • 再々読。どれもやっぱいいな~。ばかねこと三人組は特に好き。 再々読。どれもやっぱいいな~。ばかねこと三人組は特に好き。
    ぐっち
    2014年09月13日
    9人がナイス!しています
  • 長く探していた一冊。一番良かった話はタイトルは難だが「人糞」。まさかこんなにも後悔と優しさに満ちた物語とは。「桜の頃」は主人公にかなり共感できて、その高校生活をオタクたちが肯定したいけどうまくいかない 長く探していた一冊。一番良かった話はタイトルは難だが「人糞」。まさかこんなにも後悔と優しさに満ちた物語とは。「桜の頃」は主人公にかなり共感できて、その高校生活をオタクたちが肯定したいけどうまくいかないところもまた好き。「ばかねこ」はねこだってばかだって優しさや思いやりがあるのがまた良い。「聴こえてくる歌」は、普段何気なく聴いているラジオの裏側にはこんなドラマがあるのかもと思いを馳せた。ラジオ局の皆さんありがとうございます。今まで過ごしてきた時間は悪いことばかりじゃないと肯定してくれる作品集だった。 …続きを読む
    新天地
    2019年10月29日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品