試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784040661056

へび女はじめました

  • 著者 高橋 葉介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784040661056

高橋葉介の傑作短篇がついに単行本化!

高橋葉介の傑作短篇がついに単行本化! 著者が怪談専門誌『幽』に連載した19作を収録。豪華書き下ろしイラスト20点に加え、未公開の下絵も掲載。一話一話趣向を凝らした怪奇幻想ファン垂涎の書がここに!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「へび女はじめました」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怪談専門誌『幽』に連載された約10年分の漫画を収録した短編集。一話一話が高橋葉介節のきいた、安定の怖面白い展開の数々。短い物語の中に、日常に紛れた非日常の不気味さが凝縮されてドキリとさせられます。読み 怪談専門誌『幽』に連載された約10年分の漫画を収録した短編集。一話一話が高橋葉介節のきいた、安定の怖面白い展開の数々。短い物語の中に、日常に紛れた非日常の不気味さが凝縮されてドキリとさせられます。読み終えるとタイトルの意味に納得する「陰陽」、ある意味怪奇よりも怖い「僕が拒食症になったワケ」が特に好きです。 …続きを読む
    なつ
    2019年02月04日
    15人がナイス!しています
  • 九鬼くんが冒頭から登場。あのお姉さんの弟か? ちょっと性格がクールなのは、高橋作品にはよくあるパラレルな世界観によるものか? 大人の媒体に掲載されただけあって、アダルトな展開も少なくないが、表題作に代 九鬼くんが冒頭から登場。あのお姉さんの弟か? ちょっと性格がクールなのは、高橋作品にはよくあるパラレルな世界観によるものか? 大人の媒体に掲載されただけあって、アダルトな展開も少なくないが、表題作に代表されるような、ダークな切なさは、やっぱり切れ味バツグン。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2013年11月25日
    13人がナイス!しています
  • 怪談専門誌に連載された10年分の短篇を集めたもの。私は高橋葉介に関しては信者なので、ただもううっとりと眺めるだけでございます。コミカルなものとグロテスクなもの、哀しいものと美しいもの、様々な味わいを楽 怪談専門誌に連載された10年分の短篇を集めたもの。私は高橋葉介に関しては信者なので、ただもううっとりと眺めるだけでございます。コミカルなものとグロテスクなもの、哀しいものと美しいもの、様々な味わいを楽しめるまさに奇妙な味の短編集。このひとならではの一冊です。 …続きを読む
    くさてる
    2013年12月03日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品