試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840152198

京都怪談 おじゃみ

  • 著者 神狛しず
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840152198

メディアミックス情報

NEWS

「京都怪談 おじゃみ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 京都怪談というので時代がかったじっとり怖い話かと思ってたら、いけずな京女のホラー短編集だった。ここまで底意地が悪いといっそ痛快だったりもする。表題作は生理的に嫌だなあ。特に叫び声の表現がどうにも受け付 京都怪談というので時代がかったじっとり怖い話かと思ってたら、いけずな京女のホラー短編集だった。ここまで底意地が悪いといっそ痛快だったりもする。表題作は生理的に嫌だなあ。特に叫び声の表現がどうにも受け付けない。けど、怪談と京言葉は相性がいい。 …続きを読む
    mocha
    2021年07月16日
    68人がナイス!しています
  • なんと「代償」には結構な時間がかかったというのに、この「おじゃみ」は一気に。京に住まうものがこの作者さんを知ったのは読み友さんのレビューのお陰。面白かったです。今はあまり使われなくなった京言葉がおどろ なんと「代償」には結構な時間がかかったというのに、この「おじゃみ」は一気に。京に住まうものがこの作者さんを知ったのは読み友さんのレビューのお陰。面白かったです。今はあまり使われなくなった京言葉がおどろおどろしさに磨きをかけてくれます。「ぼっけぇきょうてぃ」は岡山弁。読み比べてみて下さい。京女の怖さが味わえ・・(良かったうちの嫁さん京女でなくて)・・なんて安堵の吐息をつかれるかも(^_-)-☆ …続きを読む
    はつばあば
    2016年09月13日
    52人がナイス!しています
  • 「前妻さん」が良かった。怖い話でも、京都弁だと柔らかく感じる。まあ、怖さは倍増だけれどもw 「前妻さん」が良かった。怖い話でも、京都弁だと柔らかく感じる。まあ、怖さは倍増だけれどもw
    カピバラ
    2015年10月23日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品