現代語訳 信長公記

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784046000019

現代語訳 信長公記

  • 著者 太田 牛一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784046000019

小説や漫画はもう飽きた!真実の信長を知るには信長公記を読むしかない!

織田信長の生涯を描いた一代記である「信長公記」は、信長の旧臣太田牛一が、実際に見聞きした信長の記録をもとに執筆したもの。そんな一級史料が現代語訳版でスラスラ読める!信長ファンの必読書。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「現代語訳 信長公記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 信長に興味を抱いていたところに現代語訳の本書を入手。戦国時代とはよく言ったものと痛感。その中で信長が生き抜いていく様子がよく判る。しかし攻め下した敵将やその一族に対する生殺与奪の仕方に統一性が見られず 信長に興味を抱いていたところに現代語訳の本書を入手。戦国時代とはよく言ったものと痛感。その中で信長が生き抜いていく様子がよく判る。しかし攻め下した敵将やその一族に対する生殺与奪の仕方に統一性が見られず、特に成敗という名の殺戮を記したくだりは痛ましい。終盤に甲斐の国から帰陣する道中は東海道の宿場町として残っている地名が多く、そこだけ平和な道中記を読むようだった。本記は明智光秀謀反から安土城留守居衆の様子、家康が堺から退去していくところで終わっている。他の文献でその後の様子が知りたくなった。 …続きを読む
    saga
    2016年03月24日
    39人がナイス!しています
  • 信長と同時代に生きた大田牛一が書いた信長の伝記。この人が文書で遺してくれたからこそ、戦国時代最大の英雄の実像を知ることができる。正に第一級の資料だ。なかなか原文は読めないが、これは現代語訳なのでスラス 信長と同時代に生きた大田牛一が書いた信長の伝記。この人が文書で遺してくれたからこそ、戦国時代最大の英雄の実像を知ることができる。正に第一級の資料だ。なかなか原文は読めないが、これは現代語訳なのでスラスラ読める。信長が好きな人は間違いなく読む価値がある本だ。信長の性格や考え方、数々のエピソード、そして武田軍との長篠の戦いの詳細、焼け落ちてしまった幻の名城、安土城の内部の様の詳細などが分かるのはすべてこの「信長公記」があるからだ。牛一さんに感謝。 …続きを読む
    sas
    2015年08月07日
    37人がナイス!しています
  • 織田信長を語るのに最も重要な伝記の現代語訳。こういうのってわりと読みにくかったりするものだけど、これは読みやすくて面白かった。 織田信長を語るのに最も重要な伝記の現代語訳。こういうのってわりと読みにくかったりするものだけど、これは読みやすくて面白かった。
    巨峰
    2014年06月30日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品