線 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年01月24日
商品形態:
電子書籍

  • 著者 古処 誠二
発売日:
2015年01月24日
商品形態:
電子書籍

死線をさまよい続ける極限状態で、人間が人間らしくあることは可能なのか―

飢えとマラリア、過酷な山越えのための想像を絶する疲労の中、困難な道を進む兵隊たち。摩耗する心と体。俺はこのニューギニアの地に捨てて行かれるのか――。味方同士で疑心暗鬼に陥る隊では不信が不正を招き、不正が荒廃をはびこらせる。そんな極限状態で人間が人間らしくあることは果たして可能なのか。第二次大戦の兵站線上から名もなき兵隊たちの人間ドラマを冷徹なリアリズムであぶりだす傑作小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「線」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
    koba
    2015年03月29日
    87人がナイス!しています
  • 戦争は茶番劇である。こうした認識が半ば共通化したなかでの個人の策謀、疑心、生存欲求と諦観。茶番化した戦争にはミステリの形式がよく合う。特に「糊塗」「銃後からの手紙」がよい。 戦争は茶番劇である。こうした認識が半ば共通化したなかでの個人の策謀、疑心、生存欲求と諦観。茶番化した戦争にはミステリの形式がよく合う。特に「糊塗」「銃後からの手紙」がよい。
    ネムル
    2019年06月10日
    9人がナイス!しています
  • 戦争がどれ程悲惨なものなのか、どれだけの悲しみを生むものなのか、考えて、理解しようとしていても、戦争を経験していない者と経験した者に差があることは明らか。だからこそ戦争を経験していない古処さんの戦争文 戦争がどれ程悲惨なものなのか、どれだけの悲しみを生むものなのか、考えて、理解しようとしていても、戦争を経験していない者と経験した者に差があることは明らか。だからこそ戦争を経験していない古処さんの戦争文学が戦争を経験していない者たちにとって大きな意味を持つことになる。専門的な用語も多く、読みにくいかもしれないが、その点を越えても読まなければ、と思わせるものがある。このような作品を書き続ける古処さんの姿勢そのものが、私たちの戦争観に何かを訴える。 …続きを読む
    よう
    2012年09月06日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品