試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041003848

  • 著者 古処 誠二
  • デザイン 角川書店装丁室 國枝達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041003848

死線をさまよい続ける極限状態で、人間が人間らしくあることは可能なのか―

過酷な自然、重い疲労、マラリアの蔓延――。冷徹なまでのリアリズムで、第二次世界大戦時のニューギニアの兵站線上から、名も無き兵隊たちのドラマを描きだした、小説の極致!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「線」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
    koba
    2015年03月29日
    87人がナイス!しています
  • 南下するほど届く米は減り、前線へ近づくほど病に蝕まれる。豪州軍、冷気、滋養不足との戦い。戦場の中の日常では各々の持つ人間性が如実に現れる。優し過ぎる人間は生き延びられない。小便一丁、糞八丁。用便を足す 南下するほど届く米は減り、前線へ近づくほど病に蝕まれる。豪州軍、冷気、滋養不足との戦い。戦場の中の日常では各々の持つ人間性が如実に現れる。優し過ぎる人間は生き延びられない。小便一丁、糞八丁。用便を足すために隊が待ってくれることはない。敵は砲弾や射撃ではないはずだが、その顏すら見ることもない。マラリアによる熱、下痢、栄養不足、不眠。それでも泥、糞便、腐臭に塗れて戦わなければならない。南太平洋の密林戦で活躍した高砂義勇隊。この短編集でも、しばし登場するが、戦後補償はなされていない。 …続きを読む
    かっぱ
    2020年08月17日
    29人がナイス!しています
  • 戦争は茶番劇である。こうした認識が半ば共通化したなかでの個人の策謀、疑心、生存欲求と諦観。茶番化した戦争にはミステリの形式がよく合う。特に「糊塗」「銃後からの手紙」がよい。 戦争は茶番劇である。こうした認識が半ば共通化したなかでの個人の策謀、疑心、生存欲求と諦観。茶番化した戦争にはミステリの形式がよく合う。特に「糊塗」「銃後からの手紙」がよい。
    ネムル
    2019年06月10日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品