山河果てるとも 天正伊賀悲雲録 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年01月17日
商品形態:
電子書籍

山河果てるとも 天正伊賀悲雲録

  • 著者 伊東 潤
発売日:
2013年01月17日
商品形態:
電子書籍

織田信長に翻弄された伊賀国と若者たちの運命。長編歴史小説!

平和を享受してきた伊賀国に暗雲が垂れ込める。隣国の伊勢を手中にした織田信長の侵攻が、いよいよ始まろうとしていた。伊賀国衆の子弟たち、忠兵衛、小源太、勘六、左衛門の4人は、押し寄せる信長の軍勢を前に、それぞれの選択を迫られる。信長の走狗となる者、屈辱に耐えようとする者、信長の命を狙う者、そして、特別な道を選ぶ者。故郷を愛した竹馬の友は、非情な運命に引き裂かれていく…。注目の気鋭が描く、戦国巨編!

メディアミックス情報

NEWS

「山河果てるとも 天正伊賀悲雲録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かった。信長の伊賀攻めを扱った作品。戦国期、信長という巨大な力の前に、出世であったり故郷への誓いであったりと、それぞれの信念のもとに生きようとする若者の姿が丁寧に描かれている。取ってもさして影響が 面白かった。信長の伊賀攻めを扱った作品。戦国期、信長という巨大な力の前に、出世であったり故郷への誓いであったりと、それぞれの信念のもとに生きようとする若者の姿が丁寧に描かれている。取ってもさして影響がないような伊賀の田舎の地まで攻めとり尽くす権力者の貪欲さと、そこでなすすべもなく蹂躙されていく伊賀の運命が悲しい。スケールの大きさと各登場人物の細かな描写をあわせ持った、これぞ歴史小説って感じの、伊東作品の中でも印象に残る作品の一つになりました。 …続きを読む
    あさひ@WAKABA NO MIDORI TO...
    2017年09月26日
    86人がナイス!しています
  • 08年に発行された単行本に加筆修正を加えて文庫化。伊賀国に生まれ育った若者達、小源太、忠兵衛、左衛門、勘六が織田信雄の伊賀攻めを機に、それぞれの死に場所を探していく物語。信長という絶対的な存在におびえ 08年に発行された単行本に加筆修正を加えて文庫化。伊賀国に生まれ育った若者達、小源太、忠兵衛、左衛門、勘六が織田信雄の伊賀攻めを機に、それぞれの死に場所を探していく物語。信長という絶対的な存在におびえる地侍達の思惑と「伊賀撫斬」の凄惨な描写が印象に残る。終章では「神」を絶対的な存在として生きる宣教師達と出会った左衛門の精神の解放が描かれる。4人の若者達のそれぞれの生き方が交錯し、緊迫の終末を迎えるが、結末は「人の営み」の豊かさを肯定する描写で終わっている。そのまま映像化されそうなドラマティックな1冊。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2013年08月29日
    46人がナイス!しています
  • 題に魅力を感じ読むが・・ページは進まない。旅の友にした割には尚の事。舞台は伊勢・山城・近江・奈良に囲まれた広大な範囲。佐々木家臣、六角氏の支配が揺らいできた頃の若者4人。時は信長の台頭する前夜期。隆慶 題に魅力を感じ読むが・・ページは進まない。旅の友にした割には尚の事。舞台は伊勢・山城・近江・奈良に囲まれた広大な範囲。佐々木家臣、六角氏の支配が揺らいできた頃の若者4人。時は信長の台頭する前夜期。隆慶一郎をしてヒトラーに次ぐといわしめた彼、そしてその一族にどう向かうか従うかによって運命がちぢに舞う。筆者の書かんとした意図が何だったろうか・・戦国期の殺戮から人間愛を見つめんとしたか?個人的にゼウスの愛の語りが浮いていた気がした。最後まで気持ちを入れれず、未消化感あり。 …続きを読む
    キムチ27
    2014年11月01日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品