鬼談百景

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840146517

鬼談百景

  • 著者 小野 不由美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840146517


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鬼談百景」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ものすごく怖いに違いない(´д`;)!!」と覚悟して読んだせいか、そこまで怖く感じることなく九十九話最後まで楽しんで読めた。いずれもどこかで聞いたことがあるようなエピソードばかりだが、時おりゾッとす 「ものすごく怖いに違いない(´д`;)!!」と覚悟して読んだせいか、そこまで怖く感じることなく九十九話最後まで楽しんで読めた。いずれもどこかで聞いたことがあるようなエピソードばかりだが、時おりゾッとする話がはさまっているのが油断ならない。削ぎ落とされた最低限の言葉で書かれたひとつひとつの話がとても読みやすく、かつ怖さを引き立てている気がする。さー、百話目となる『残穢』もいってみようかな!! …続きを読む
    ヒロ@いつも心に太陽を!
    2012年08月14日
    247人がナイス!しています
  • なんというか、どこかで聞いたような怪談である。読者の対象がそうであるのか学校にまつわる話が多いこと、名前がイニシャルになっているのがいかにもネットにころがっていそうな話に感じて、どうものめり込むに至ら なんというか、どこかで聞いたような怪談である。読者の対象がそうであるのか学校にまつわる話が多いこと、名前がイニシャルになっているのがいかにもネットにころがっていそうな話に感じて、どうものめり込むに至らなかった。ショートショートということで、とぎれとぎれに読んだのも良くなかったらしく、その世界観に魅了されることなく、ただ日数をかけただけで読み終えた。感想として、営繕かるかやに頼めばいいのにと思った話が数件、杉浦日向子の「百物語」を読み返してみたくなったこと、の二つだろうか。さて次は、「残穢」を読もうかと。 …続きを読む
    ハイランド
    2015年11月04日
    224人がナイス!しています
  • 『部活の先パイが言っていたんだけれどね』『うちのお姉ちゃんの友達がね』そんな口上で始められる百物語。一つ、また一つと吹き消されれる蝋燭に、見知った友の顔が揺らめく。瞳が金色に瞬き、輪郭が闇に溶ける。彼 『部活の先パイが言っていたんだけれどね』『うちのお姉ちゃんの友達がね』そんな口上で始められる百物語。一つ、また一つと吹き消されれる蝋燭に、見知った友の顔が揺らめく。瞳が金色に瞬き、輪郭が闇に溶ける。彼女は本当に私の知っているあの子だろうか。あれは鬼ではなかろうか。誰もが口に出来ぬまま、また一つ、蝋燭が吹き消される。やめよう、やめよう、とささめき合いながらそれでも現世には戻れない。既に魅入られている。幽世との現世とその狭間。三つの世の間を行ったり来たり。まるでブランコの様。そして百話目。作者の物語の始まり。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火1124亡羊會
    2012年10月05日
    179人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

小野不由美(おの ふゆみ)

12月24日、大分県生まれ。1988年作家デビュー。
「悪霊」シリーズで人気を得る。91年『魔性の子』に続き、92年『月の影 影の海』を発表、「十二国記」シリーズとなる。
「十二国記」と並行して執筆した『東亰異聞』『屍鬼』『黒祠の島』は、それぞれ伝奇、ホラー、ミステリとして高い評価を受けている。
「悪霊」シリーズを大幅リライトし「ゴーストハント」として2010年〜11年刊行。12年、2作が相関関係にある『鬼談百景』と『残穢』を 刊行し話題に。『残穢』は第26回山本周五郎賞を受賞。近刊に『営繕かるかや怪異譚』。現在も怪談専門誌『幽』で「営繕かるかや怪異譚」 を連載中。

最近チェックした商品