小説 東のエデン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840130417
ニコカド祭り2020

小説 東のエデン

  • 著者 神山 健治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840130417

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小説 東のエデン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 現実離れした「記憶喪失で、日本を救うために100億をあたえられた12人(セレソン)の1人」という立場の滝沢と、現実感のある「自分のやりたいことと就職との間で揺れ動く大学生」という立場の咲との対比が興味 現実離れした「記憶喪失で、日本を救うために100億をあたえられた12人(セレソン)の1人」という立場の滝沢と、現実感のある「自分のやりたいことと就職との間で揺れ動く大学生」という立場の咲との対比が興味深く面白かった。また、現代の日本に警鐘を与えながら、時事的なニートや(クラウド的な)インターネットや電子マネー等を扱いながらの物語は良かった。他のセレソンとの駆け引きにも手に汗を握らされた。しかしながら、素材が良いだけに若干の消化不良な部分(回収されていなそうな伏線や登場人物の心理描写等)が残念。続編あり? …続きを読む
    がらは℃
    2010年01月24日
    39人がナイス!しています
  • 「百億円で日本を救え」という指令と共に、国民の中から選ばれた12人の元へ、あらゆる願いを叶えてくれる謎の携帯が届く。指令を完遂した者だけが生き残る事が出来るゲームに挑む記憶喪失の男・滝沢くんと彼を見守 「百億円で日本を救え」という指令と共に、国民の中から選ばれた12人の元へ、あらゆる願いを叶えてくれる謎の携帯が届く。指令を完遂した者だけが生き残る事が出来るゲームに挑む記憶喪失の男・滝沢くんと彼を見守り続ける女子大生・咲ちゃんの物語…っていう設定が普通に良い。ゲーム参加者の駆け引き、お決まりのラブコメ的展開も去る事ながら、現代日本の憂鬱とした空気に真っ向から挑んでいく滝沢くんが格好良すぎる。何のリスクも考えず自らを犠牲にし国民を守る姿は痛々しい。しかし、その行動こそ彼が真のヒーローだと確信させてくれる。 …続きを読む
    きき
    2020年01月03日
    29人がナイス!しています
  • 記憶喪失の少年が莫大な資金を動かせる謎の携帯を駆使し、日本の行く末を賭けたゲームに挑むサスペンス・アクション、前半戦。純粋な気持ちを原動力にこのゲームに挑む滝沢がとにかく眩しかった一方、そのために自己 記憶喪失の少年が莫大な資金を動かせる謎の携帯を駆使し、日本の行く末を賭けたゲームに挑むサスペンス・アクション、前半戦。純粋な気持ちを原動力にこのゲームに挑む滝沢がとにかく眩しかった一方、そのために自己犠牲を惜しまないという彼の姿勢は痛々しく複雑な気持ちになりました。彼は恐ろしいくらいに凄すぎる... だからこそ、咲という存在に出会えて良かったと心から思います。運命的なボーイミーツガールはまさに至高...どうか、光のある方向へ物語が進みますように。そう切に願いながら、後半戦である劇場版へ挑みます...! …続きを読む
    そらみみ
    2020年10月30日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品