怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840123471

怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集

  • 著者 京極 夏彦
  • 著者 福澤 徹三
  • 著者 安曇 潤平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840123471

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【再読】安曇先生の「顔なし地蔵」は『山の霊異記 黒い遭難碑』にも収録。よくできたfictionのような話。平山先生>松ばコキ折る「新米鬼」、孤独死につきものの蛆が落ちる「雨だれ」、「石垣」後は左利きに 【再読】安曇先生の「顔なし地蔵」は『山の霊異記 黒い遭難碑』にも収録。よくできたfictionのような話。平山先生>松ばコキ折る「新米鬼」、孤独死につきものの蛆が落ちる「雨だれ」、「石垣」後は左利きに、「砂人魚」雛人形。岩井女史の、平山先生の東京伝説ばりの話がある意味一番怖かったかな。。 …続きを読む
    グレ
    2013年03月07日
    32人がナイス!しています
  • 正直、期待はずれ。加門さんは安定の怖さ(だけど、既読…)。 正直、期待はずれ。加門さんは安定の怖さ(だけど、既読…)。
    ナディ
    2018年03月23日
    30人がナイス!しています
  • ウソかマコトか曖昧な、10人の作家が描くそれぞれテイストの異なる怪談集。京極夏彦と平山夢明の抜群の安定感。トップバッターの京極が一番不気味で怖いかもしれない。ホラーの王道を突き進んだ安曇潤平の「顔なし ウソかマコトか曖昧な、10人の作家が描くそれぞれテイストの異なる怪談集。京極夏彦と平山夢明の抜群の安定感。トップバッターの京極が一番不気味で怖いかもしれない。ホラーの王道を突き進んだ安曇潤平の「顔なし地蔵」、色鮮やかな余韻が残る小池壮彦「リナリアの咲く川のほとりで」も好き。岩井志麻子はこの人お馴染みの持ちネタ炸裂。これが実話系ではなく完全なフィクションであるならば、書いてる彼女が一番のホラーかも? …続きを読む
    カナン
    2014年10月15日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品