るんびにの子供

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年06月01日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840118552

るんびにの子供

  • 著者 宇佐美まこと
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年06月01日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840118552

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「るんびにの子供」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いやはや、デビュー作からすっかり出来上がってたんだね!40頁前後での短編5つとも、特別な閉鎖的ムラ社会とか伝承や風習などに頼らず、我々の近くにもある様な何気ない日常で存分にゾワッとさせられる!ザクロや いやはや、デビュー作からすっかり出来上がってたんだね!40頁前後での短編5つとも、特別な閉鎖的ムラ社会とか伝承や風習などに頼らず、我々の近くにもある様な何気ない日常で存分にゾワッとさせられる!ザクロや手袋・水といった容易に頭に浮かぶモノから、あからさまに怪しさ導き出すのも絶妙。一番のお気に入りは「手袋」もう冒頭から予測出来る不可思議さと、ある事件と家族の背景が徐々に重なり至るラストにゾワゾワ…認知症からの曖昧さが生む非現実的な展開に息を呑む「柘榴の家」も好み。何より最後の一文辺りが残すインパクトがスゴい! …続きを読む
    nobby
    2019年06月07日
    153人がナイス!しています
  • 宇佐美まことはここから始まったのかぁ。タイトル作を含む短編5作。読友さんがお薦めするのも肯ける。するっと読めるのにちょっとざわっともする。好みはタイトル作と『手袋』だがどれも良い。タイトル作の冒頭8行 宇佐美まことはここから始まったのかぁ。タイトル作を含む短編5作。読友さんがお薦めするのも肯ける。するっと読めるのにちょっとざわっともする。好みはタイトル作と『手袋』だがどれも良い。タイトル作の冒頭8行で宇佐美まことの世界に引き込まれる。もっと読みたくなるのは私だけじゃないだろう。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年08月22日
    144人がナイス!しています
  • 今、とても心を惹かれ、追いかけたいと思っている作家、宇佐美まことさんの原点がここに。デビュー作とは思えない、こなれた文章と構成。しかし、人間の持つ執着、情念とは恐ろしいものだね。この世にいるもの、既に 今、とても心を惹かれ、追いかけたいと思っている作家、宇佐美まことさんの原点がここに。デビュー作とは思えない、こなれた文章と構成。しかし、人間の持つ執着、情念とは恐ろしいものだね。この世にいるもの、既にいないものの区別はそこにはない、のかもしれない。 …続きを読む
    みっちゃん
    2018年09月08日
    138人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品