作家の犯行現場(有栖川有栖)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年02月15日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840105118
ニコカド祭り2020

作家の犯行現場(有栖川有栖)

  • 著者 有栖川 有栖
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年02月15日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840105118

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「作家の犯行現場(有栖川有栖)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんか行ったところで事件があるわけでなく、なんか盛り上がりに欠けるなと思いました。基本真面目な人のようなので、酔っぱらってなんかやらかしたみたいなアクシデントはないのであろう多分。 なんか行ったところで事件があるわけでなく、なんか盛り上がりに欠けるなと思いました。基本真面目な人のようなので、酔っぱらってなんかやらかしたみたいなアクシデントはないのであろう多分。
    山田太郎
    2017年10月23日
    41人がナイス!しています
  • 最初の軍艦島と明石海峡大橋あたりは当時「ダ・ヴィンチ」で読んだのを覚えている。懐かしい。軍艦島の時はコンセプトが決まりきってなかったのもあってか気取った本文だったが、作家の犯行現場を見に行くとか聖地巡 最初の軍艦島と明石海峡大橋あたりは当時「ダ・ヴィンチ」で読んだのを覚えている。懐かしい。軍艦島の時はコンセプトが決まりきってなかったのもあってか気取った本文だったが、作家の犯行現場を見に行くとか聖地巡礼的なものと目的が固まってきたところで、取材班一行の肩の力が抜けて本文も楽しそうになったのがほほえましい。那須のトリックアート美術館でカメラマンにいろんなポーズ取らされるミステリ作家という絵面が特によかったです。 …続きを読む
    Yuki
    2018年03月29日
    34人がナイス!しています
  • 有栖川ファン、ミステリーファンなら積読本が増えてしまいそう。有栖川有栖がミステリーの舞台でお馴染みの場所を訪れるエッセイなのだけど、一人のミステリーファンとしての彼のワクワクが伝わってくる。各旅の最後 有栖川ファン、ミステリーファンなら積読本が増えてしまいそう。有栖川有栖がミステリーの舞台でお馴染みの場所を訪れるエッセイなのだけど、一人のミステリーファンとしての彼のワクワクが伝わってくる。各旅の最後にはテーマに合う作品が紹介されていて、思わずφ(..)メモメモ。そして紹介されている地を自分も訪れたくなる! 江戸川乱歩、横溝正史など、昔ワクワクしながら読んだあれこれを久しぶりに読みたくなってしまった。 …続きを読む
    さっちゃん
    2018年08月02日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品