源氏物語が面白いほどわかる本 下

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年03月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784806126898

源氏物語が面白いほどわかる本 下

  • 著者 出口 汪
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年03月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784806126898

下巻では、光源氏が准太上天皇として栄華を極める時代から、最愛の妻である紫の上の死によって幕を閉じる晩年時代、そして光源氏亡き後の世界をカバーしています。壮大なラブロマンがここに完結!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語が面白いほどわかる本 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻は『玉鬘(卷之二十二)』~『幻(卷之四十一)』と、『匂宮三帖』『宇治十帖』について解説。〝源氏”が准太政天皇という最高位の最盛期から寂しく独り出家する悲喜交々の愛憎劇が面白い。ケチのつき始めは〝女 下巻は『玉鬘(卷之二十二)』~『幻(卷之四十一)』と、『匂宮三帖』『宇治十帖』について解説。〝源氏”が准太政天皇という最高位の最盛期から寂しく独り出家する悲喜交々の愛憎劇が面白い。ケチのつき始めは〝女三宮”を正室に迎えたこと。これで〝紫の上”の気持ちが少しずつ源氏から離れて往き、更に女三宮が、本人の意図しないながらも〝柏木”と不倫。彼の子を身籠ってしまった。生まれた子は『匂宮三帖』『宇治十帖』で活躍する”薫”である。つまり源氏と〝藤壺の宮”との不義密通と同じ図式が出来てしまう。正に因果応報というべきか。 …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2016年05月16日
    88人がナイス!しています
  • 登場人物が多くて、しかも因果関係が深いのでこの本のような解説ぬきでは、私には面倒くさい源氏物語が楽しく読めました。紫式部は今でいう人気脚本家だったんでしょうね。 登場人物が多くて、しかも因果関係が深いのでこの本のような解説ぬきでは、私には面倒くさい源氏物語が楽しく読めました。紫式部は今でいう人気脚本家だったんでしょうね。
    momo
    2012年11月04日
    2人がナイス!しています
  • 解説だけでなく、1つの小説として今度は読んでみたいと思った。 解説だけでなく、1つの小説として今度は読んでみたいと思った。
    つじつま
    2012年08月26日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品