中経の文庫

源氏物語が面白いほどわかる本 上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年03月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784806126881
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

中経の文庫

源氏物語が面白いほどわかる本 上

  • 著者 出口 汪
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年03月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784806126881

マンガより楽しく読める!日本文化が生み出した最高傑作である「源氏物語」の世界を、古典に関する予備知識がなくても、その本当の面白さを十分に楽しめるよう、わかりやすく解説しています。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語が面白いほどわかる本 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恥ずかしながら、いきなり古文の原作『源氏物語』から入る勇気がなかった。そこで予備知識として本書を手にとることにした。上巻は『桐壺(巻之一)』~『少女(巻之二十一)』まで取り挙げている。源氏の青春時代か 恥ずかしながら、いきなり古文の原作『源氏物語』から入る勇気がなかった。そこで予備知識として本書を手にとることにした。上巻は『桐壺(巻之一)』~『少女(巻之二十一)』まで取り挙げている。源氏の青春時代から、須磨へ都落ち。そして明石の君との出逢いがあり、都へ復帰する壮年時代に当たるところ。おそらくは日本文学史上、最大級のプレイボーイと称しても決して過言ではない光源氏の物語は、おそらく世界でも最古の大恋愛ロマンス小説と冠していると思う。この世界の誇れる物語を読んでおかねば、読書好きな日本人として誇りをもてない。 …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2016年03月15日
    92人がナイス!しています
  • 源氏の話に焦点に絞って、各巻を追っていき、わかりやすい要旨と解説で、とても源氏が身近になった。これをきっかけに原文に当たれる気がした。 源氏の話に焦点に絞って、各巻を追っていき、わかりやすい要旨と解説で、とても源氏が身近になった。これをきっかけに原文に当たれる気がした。
    こんがら童子
    2009年08月20日
    2人がナイス!しています
  • 3.5 3.5
    urajiosutokku
    2014年06月25日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品