おにぎり、ころりん ぽんぽこ もののけ陰陽師語り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041008737

おにぎり、ころりん ぽんぽこ もののけ陰陽師語り

  • 著者 高橋 由太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041008737

ぽんぽこ、鬼麿、最後戦い!

月日は流れ、青年となった鬼麿は、美しい狸の妖かしに誘われ、美しい狸の里へ。しかし、出迎えた狸の王は鬼麿に告げる。「この町は滅びる。ぽんぽこを連れて逃げてくれ」鬼麿の最後の戦いの結末は!? 


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「おにぎり、ころりん ぽんぽこ もののけ陰陽師語り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このお話は人(狸も鬼も)が死にすぎる。有名人が出てきたと思ったらあっけなく死んでしまうし、仲間になったと思ったのにやはり死んでしまう。ちょっと登場人物を殺しすぎだ。そんなにすぐに殺してしまうなら、登場 このお話は人(狸も鬼も)が死にすぎる。有名人が出てきたと思ったらあっけなく死んでしまうし、仲間になったと思ったのにやはり死んでしまう。ちょっと登場人物を殺しすぎだ。そんなにすぐに殺してしまうなら、登場させなくても良いのでは?と思ってしまった。 …続きを読む
    seraphim
    2014年05月10日
    23人がナイス!しています
  • う~ん・・・・・。前作まではおもしろかったんだけど・・・どうも陰陽師が出てくると話が不愉快に。カイの正体が酒呑童子だとか源平の戦いは妖怪狸親子の戦いだったとか・・・ちょっと話がぶれ過ぎかな~。よっぽど う~ん・・・・・。前作まではおもしろかったんだけど・・・どうも陰陽師が出てくると話が不愉快に。カイの正体が酒呑童子だとか源平の戦いは妖怪狸親子の戦いだったとか・・・ちょっと話がぶれ過ぎかな~。よっぽど歴史に詳しくないと逆に混乱してしまうなという感想。 …続きを読む
    河合奈緒美
    2014年08月10日
    17人がナイス!しています
  • う~ん。作者さんの作風なのだろうけれど、やっぱり死にすぎ。富良野アニメのような感じにしたいのかなァ。今よりも簡単に人が死ぬ時代の話だとはいえ。ぽんぽこと白額虎の妖コンビが出てきてペースが乱れるのが救い う~ん。作者さんの作風なのだろうけれど、やっぱり死にすぎ。富良野アニメのような感じにしたいのかなァ。今よりも簡単に人が死ぬ時代の話だとはいえ。ぽんぽこと白額虎の妖コンビが出てきてペースが乱れるのが救いだなァ。采女の産んだ子供は「ぽん太」になってしまうのか?乞うご期待? …続きを読む
    演習家康くん
    2013年12月06日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品