ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041001943

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り

  • 著者 高橋 由太
  • イラスト Tobi
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041001943

小次郎様、さらばです! 

葛葉姫に乗っ取られた江戸城を取り戻し、江戸の町を救うため、戦いに向かう小次郎とぽんぽこ。そこには予想だにしない敵が待ち受けていた!! 時空を超えたぽんぽこの因縁が、ついに明らかに!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ3作目なので、もう勢いで読みましたが、これは登場人物が豪華過ぎてかえって期待しすぎてしまい、残念な結果に終わりました。主人公達をもっとメインに据えて書いて欲しかったです。漫画を読んでいるような シリーズ3作目なので、もう勢いで読みましたが、これは登場人物が豪華過ぎてかえって期待しすぎてしまい、残念な結果に終わりました。主人公達をもっとメインに据えて書いて欲しかったです。漫画を読んでいるような読みごごちで、完全娯楽物だし、あっさりと読めて、通勤のお供にはお気軽で良かったかもしれませんけどね。 …続きを読む
    財布にジャック
    2012年09月22日
    61人がナイス!しています
  • ちょんまげシリーズ第3弾。最後の決戦らしい駆け足っぷり。前作「ばさら」からのごちゃ混ぜ感を最後まで貫いたのは、開き直って気持ち良い。小次郎、廉也、弥生達が縁ある人物達と対する。少年マンガっぽい王道展開 ちょんまげシリーズ第3弾。最後の決戦らしい駆け足っぷり。前作「ばさら」からのごちゃ混ぜ感を最後まで貫いたのは、開き直って気持ち良い。小次郎、廉也、弥生達が縁ある人物達と対する。少年マンガっぽい王道展開。立ちはだかるのは江戸城で待ち受ける亡霊敵武将達と葛葉姫、安倍晴明。戦国武将のイメージを変えるようなアレンジも。春日局や江などもうなんでもあり。ラストが決まっていて途中詰め込んだ感。小次郎と時国との関係がもっとあってもと思ってしまう。帯に「小次郎編」完結とあったのでシリーズとして小次郎以外で別の話が進みそう。 …続きを読む
    nins
    2012年05月22日
    44人がナイス!しています
  • ばさらの続きで死んだ武将やら忍びの者やら妖やら入り乱れて、妖怪大戦争in 江戸城みたいな感じでした。ラスボス安倍晴明の大暴れでついにあいつがキレて本気出す!お前 そんなに強かったんかい??最後はバタバ ばさらの続きで死んだ武将やら忍びの者やら妖やら入り乱れて、妖怪大戦争in 江戸城みたいな感じでした。ラスボス安倍晴明の大暴れでついにあいつがキレて本気出す!お前 そんなに強かったんかい??最後はバタバタと尻切れとんぼな印象。ページが足らなかったのか?もう少し丁寧に終わって欲しかったなぁ(´ー`) …続きを読む
    hirune
    2017年04月17日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品