角川文庫

魔神館事件 夏と少女とサツリク風景

変格キャラクターミステリシリーズ第1弾“館モノへの挑戦状”

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041004401
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

魔神館事件 夏と少女とサツリク風景

変格キャラクターミステリシリーズ第1弾“館モノへの挑戦状”

  • 著者 椙本 孝思
  • イラスト toi8
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041004401

変格キャラクターミステリシリーズ第1弾“館モノへの挑戦状”

一本の電話により、「魔神館」と呼ばれる館の落成パーティーに参加することになった高校生の白鷹黒彦。そこで起こる凄惨な殺人事件。不思議な少女・果菜とともに謎に立ち向かう黒彦だが――!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魔神館事件 夏と少女とサツリク風景」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 迷探偵・白鷹黒彦の事件簿第1弾。嵐により外界から隔絶された洋館。そこで発生する連続殺人事件。舞台設定としては申し分ない。圧倒的な暴力により殺害される被害者たちは悲惨。とても大掛かりな、極めて凶悪なトリ 迷探偵・白鷹黒彦の事件簿第1弾。嵐により外界から隔絶された洋館。そこで発生する連続殺人事件。舞台設定としては申し分ない。圧倒的な暴力により殺害される被害者たちは悲惨。とても大掛かりな、極めて凶悪なトリック。そして、想像の上を行く驚愕の犯人像に唖然。ちょっと頼りない迷探偵の暴走気味の推理。謎の多い博士と天然キャラの妹。彼らが程よいスパイスとなったバカミス的ストーリーが、読んでいてハラハラさせられ、思いの外楽しかった。私にとっては、村崎友著『風の歌、星の口笛』以来の大がかりなトリックに出逢ったという印象です。 …続きを読む
    マーム
    2016年03月23日
    61人がナイス!しています
  • 大好物の設定。期待して読みました!そして期待を裏切らない面白さ!キャラ立ちも良く、結構な厚みがあるのに会話が軽妙でポンポン読めた!次作を2冊手元に置いてあるので早速第2段に取り掛かります!次は学園もの 大好物の設定。期待して読みました!そして期待を裏切らない面白さ!キャラ立ちも良く、結構な厚みがあるのに会話が軽妙でポンポン読めた!次作を2冊手元に置いてあるので早速第2段に取り掛かります!次は学園ものだぁ! …続きを読む
    りょうこ
    2013年02月06日
    55人がナイス!しています
  • 大ネタが大雑把過ぎるせいで推理小説、ミステリとしては物足りない。それでも主人公の思考過程は割りとまともだし、キャラクター、雰囲気読みすればけっこう面白い。 大ネタが大雑把過ぎるせいで推理小説、ミステリとしては物足りない。それでも主人公の思考過程は割りとまともだし、キャラクター、雰囲気読みすればけっこう面白い。
    ヒロユキ
    2012年12月20日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品