乱気流 下 小説・巨大経済新聞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041002971

乱気流 下 小説・巨大経済新聞

  • 著者 高杉 良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041002971

日本経済をリードした第4権力は、こうして自浄力を失った! 力作長編。

圏外と目されていた宇野は東経産新聞の社長に就任するやワンマン化し、役員たち周囲のゴマすりが社の腐敗を進行させる。子会社の手形流出という事態に、自浄力を示そうと立ち上がる記者。マスコミ界に迫る長編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「乱気流 下 小説・巨大経済新聞」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 脚色はあるにせよ、実話を下敷きに日経のワンマン社長の暴走とそれを止められない経営陣を描く下巻は一気読み。腐った実態にびっくり。長期間、権力を持つと周りが見えなくなり、正しい判断が出来なくなる。そんなお 脚色はあるにせよ、実話を下敷きに日経のワンマン社長の暴走とそれを止められない経営陣を描く下巻は一気読み。腐った実態にびっくり。長期間、権力を持つと周りが見えなくなり、正しい判断が出来なくなる。そんなお手本のような内容。 …続きを読む
    kawa
    2016年11月13日
    10人がナイス!しています
  • 下巻は新聞社の内部告発に終始しており、一気に読めました。モデルとなった実話があるということ自体が驚きで、大企業の中で解雇されてまで、信念を持って会社を正そうとしている真摯さに心打たれました。言ったモノ 下巻は新聞社の内部告発に終始しており、一気に読めました。モデルとなった実話があるということ自体が驚きで、大企業の中で解雇されてまで、信念を持って会社を正そうとしている真摯さに心打たれました。言ったモノ負けだと悲観的になっていた今日この頃ですが、沈黙も罪だということで、、日頃から発言に説得力を持たせる行動の必要性を感じる一冊になりました。 …続きを読む
    あや
    2013年01月04日
    4人がナイス!しています
  • 後半は少し同じような流ればかりに感じられたのが少々残念なり。 後半は少し同じような流ればかりに感じられたのが少々残念なり。
    ニャンゴロ
    2012年08月31日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品