乱気流 上 小説・巨大経済新聞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041002988

乱気流 上 小説・巨大経済新聞

  • 著者 高杉 良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041002988

名門新聞社を襲った醜聞! メディアの責任を鋭く問う衝撃作。

リクエストコスモス社未公開株譲渡をめぐり、政・官・財を巻き込むスキャンダルが発生、日本経済を牽引してきたとの自負を持つ東京経済産業新聞社では、社長が連座し退任に追い込まれる。迷走の始まりだった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「乱気流 上 小説・巨大経済新聞」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 社会正義を掲げる新聞社も所詮営利企業で、新聞広告を載せる企業に肩入れするのには閉口する。下巻へ 社会正義を掲げる新聞社も所詮営利企業で、新聞広告を載せる企業に肩入れするのには閉口する。下巻へ
    坊ちゃん
    2019年05月31日
    13人がナイス!しています
  • 日経を舞台として、前半はバブル期のリクルート事件やイトマン事件との関わり(癒着)を描く。後半は、酒席での有名経営者の品評会、噂話のようでなんだかなと思ってしまう。しかし、新聞社の上層部や敏腕記者をここ 日経を舞台として、前半はバブル期のリクルート事件やイトマン事件との関わり(癒着)を描く。後半は、酒席での有名経営者の品評会、噂話のようでなんだかなと思ってしまう。しかし、新聞社の上層部や敏腕記者をここまで品性お下劣に描くと反発があったのだろうな。ことの真偽を解りませんが---。 …続きを読む
    kawa
    2016年11月11日
    8人がナイス!しています
  • 久々に経済小説モノに手を出したからか、話の起伏が乏しいからか、、長らく積読本でしたが、やっと上巻を読み終えました。リクルート事件やイトマン事件など、名前しか知らず、wikiなしには内容が理解出来ないこ 久々に経済小説モノに手を出したからか、話の起伏が乏しいからか、、長らく積読本でしたが、やっと上巻を読み終えました。リクルート事件やイトマン事件など、名前しか知らず、wikiなしには内容が理解出来ないことも多くありましたが、史実を新鮮に感じることが出来る本でした。最後にはサリン事件も出て来て、自分でも理解できる世代の話になってきたので、下巻は違った視点で読めるかな。日経新聞の体質憂慮について、下巻でどう転ぶのか、このまま終わるのかも気になるポイントです。 …続きを読む
    あや
    2012年12月31日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品