図書館危機 図書館戦争シリーズ(3)

図書館危機 図書館戦争シリーズ(3) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2012年06月22日
商品形態:
電子書籍

図書館危機 図書館戦争シリーズ(3)

  • 著者 有川 浩
発売日:
2012年06月22日
商品形態:
電子書籍

ねじれる言葉、狩られる表現。それでも恋は進行中!シリーズ第3弾。

思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。加えて、地方の美術展で最優秀作品となった“自由”をテーマにした絵画が検閲・没収の危機に。郁の所属する特殊部隊も警護作戦に参加することになったが!? 表現の自由をめぐる攻防がますますヒートアップ、ついでに恋も……!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「図書館危機 図書館戦争シリーズ(3)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 武器をもってこちらの生命・権利を侵そうとしてきてる真っ最中に話し合うことが大事ですとか、無抵抗でなすがままがいいとか どっかのたかじんのそこまで言って委員会に出てくる女性教授のような・・・・ 馬鹿かと 武器をもってこちらの生命・権利を侵そうとしてきてる真っ最中に話し合うことが大事ですとか、無抵抗でなすがままがいいとか どっかのたかじんのそこまで言って委員会に出てくる女性教授のような・・・・ 馬鹿かと・・・・。私も若かりし頃 そちらの思考が若干ありました・・。 女子寮で嫌がらせをしてきている女性陣に郁がうった喧嘩かっこよかった。しかも、周りに喧嘩上手がいるおかげって。いい舞台だなぁ。さて玄田隊長とか図書特殊隊とかどうなるんでしょうか・・・ …続きを読む
    チェシャ猫
    2013年12月25日
    692人がナイス!しています
  • 茨城県展のところはかなりハードな戦闘シーンもあって辛かったけど、郁の啖呵はかっこ良かったかな。そんななかお父さんとは少し分かりあえたみたいだし、お母さんはお母さんで娘のことが心配なんだっていうね(伝わ 茨城県展のところはかなりハードな戦闘シーンもあって辛かったけど、郁の啖呵はかっこ良かったかな。そんななかお父さんとは少し分かりあえたみたいだし、お母さんはお母さんで娘のことが心配なんだっていうね(伝わってないとこが残念だけど)。それに郁の知らないところで堂上とお父さんがちょっと良い感じなのが微笑ましいっていうかなんていうか(^^ゞ …続きを読む
    れみ
    2013年02月14日
    653人がナイス!しています
  • ふつうシリーズ終了第4巻に向けての中継ぎという感じになるところの第3巻だが、王子様の正体がわかった後の郁と堂上、女性作家だから書ける卑劣な痴漢事件での被害者とその恋人、民間の会社員にはあまりわからない ふつうシリーズ終了第4巻に向けての中継ぎという感じになるところの第3巻だが、王子様の正体がわかった後の郁と堂上、女性作家だから書ける卑劣な痴漢事件での被害者とその恋人、民間の会社員にはあまりわからない公務員の昇進試験での郁、柴崎と手塚、郁と両親との関係、児玉さんと作者との対談にもあった「床屋」という“差別”語での事件、茨城県での良化委員会とのドンパチと盛り沢山で息を付かせない第3巻だった。4組の恋の行方、稲嶺がいなくなった図書隊が気になり、一ヶ月後の文庫版第4巻の発売が楽しみだ。児玉清さんに合掌。 …続きを読む
    hiro
    2011年05月29日
    634人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品