角川文庫

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

本を守りたい、あの人みたいに――本と恋の極上エンタテインメント!第1弾。

発売日:
2012年06月22日
商品形態:
電子書籍
図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

本を守りたい、あの人みたいに――本と恋の極上エンタテインメント!第1弾。

  • 著者 有川 浩
発売日:
2012年06月22日
商品形態:
電子書籍

本を守りたい、あの人みたいに――本と恋の極上エンタテインメント!第1弾。

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが……!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館好きにはたまらない一冊。図書館の仕組みの細部までよくわかる。 「見計らい」って羨ましかった。現代の図書館の退廃ぶりに対する喝を入れるような物語。自由は戦うものだという民主主義の基本を地で行く。「 図書館好きにはたまらない一冊。図書館の仕組みの細部までよくわかる。 「見計らい」って羨ましかった。現代の図書館の退廃ぶりに対する喝を入れるような物語。自由は戦うものだという民主主義の基本を地で行く。「メディア良化法」。主人公笠原郁を支える柴崎麻子に注目。登場人物も設定も現代社会そのもの。「赤毛のアン」という単語がでてきてほっとした。具体的な本の話題があると安心できるかも。参考文献一覧がよい。最後の児玉清との文庫化特別対談が面白い。文庫版あとがき、「ジュエルボックス」あり。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2012年08月09日
    1097人がナイス!しています
  • 単行本で初読、文庫で再読。震災後、まだ家に帰れなかった頃に購入。これで持ち歩きが便利に。検閲とか、こんな世の中にはならないでほしいな。 単行本で初読、文庫で再読。震災後、まだ家に帰れなかった頃に購入。これで持ち歩きが便利に。検閲とか、こんな世の中にはならないでほしいな。
    扉のこちら側
    2011年04月25日
    987人がナイス!しています
  • 大学の生協で売れているということだが…図書館を守る図書隊員とメディア良化を口実に表現を取り締まろうという勢力が対立した時代、王子様を求めて入隊した笠原郁の物語。上官には癖のある堂上などがおり、それなり 大学の生協で売れているということだが…図書館を守る図書隊員とメディア良化を口実に表現を取り締まろうという勢力が対立した時代、王子様を求めて入隊した笠原郁の物語。上官には癖のある堂上などがおり、それなりに面白いのだが、あまりついていけなかった。むしろ番外編の方が面白かった。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2011年06月19日
    951人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品