天佑なり 下 高橋是清・百年前の日本国債

2014年 第33回 新田次郎賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月03日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041104750
ニコカド祭り2020

2014年 第33回 新田次郎賞

天佑なり 下 高橋是清・百年前の日本国債

  • 著者 幸田 真音
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月03日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041104750

現場経験に裏打ちされた戦略で、日本経済を率いた男。歴史経済小説!

日露戦争の戦費調達を命じられた高橋是清は、ロンドンで日本国債を売り出し、英語力と人脈を駆使して成功を収める。蔵相、首相をも歴任、金融恐慌の鎮静化にも尽力するが、経済を破壊する軍国主義の波が押し寄せる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『天佑なり』幸田真音さんインタビュー


「天佑なり 下 高橋是清・百年前の日本国債」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 後半の中心はやはり、経済関連の話題が多くなり著者得意の国債の話も出てくるのでかなり力が入っているように感じました。是清が八面六臂の活躍をする様子が描かれています。日銀総裁、大蔵大臣、総理大臣を経験して 後半の中心はやはり、経済関連の話題が多くなり著者得意の国債の話も出てくるのでかなり力が入っているように感じました。是清が八面六臂の活躍をする様子が描かれています。日銀総裁、大蔵大臣、総理大臣を経験して2.26の兇刃に倒れます。惜しい人材でした。なくてはならない役割を果たしたということなのでしょうね。どうも読んでいて是清というと西田敏行さんの顔が浮かんできます。たぶんドラマの「坂の上の雲」の影響でしょうね。 …続きを読む
    KAZOO
    2016年10月12日
    158人がナイス!しています
  • 70歳を超え、持病とも戦いながら6回の大蔵大臣(≒現財務大臣)&内閣総理大臣1回を務め、昭和金融危機や世界恐慌等の経済危機に対して注力。世界恐慌時に国際情勢、国内政府(特に軍部)との折り合い、日銀や経 70歳を超え、持病とも戦いながら6回の大蔵大臣(≒現財務大臣)&内閣総理大臣1回を務め、昭和金融危機や世界恐慌等の経済危機に対して注力。世界恐慌時に国際情勢、国内政府(特に軍部)との折り合い、日銀や経済界との連携と言う難局を疾風怒濤の豪腕で経済早期回復に持っていく姿はただただ唖然。この時期では五・一五事件、ニ・ニ六事件を筆頭に数々の政界、財界の人物が凶弾に倒れた事から軍部主導な政治に傾倒していく。現与党の内閣人事局主体の人材や言論統制にも似た雰囲気を感じるのは私だけでしょうか? …続きを読む
    なかしー
    2020年09月23日
    87人がナイス!しています
  • 日露戦争。戦争には莫大な費用がかかることに気づかされる。日銀副総裁の是清が、そのためのロンドンでの外債発行に成功する。その後、大蔵大臣となり、政治にかかわっていくことになる。海外を知り、国のため善かれ 日露戦争。戦争には莫大な費用がかかることに気づかされる。日銀副総裁の是清が、そのためのロンドンでの外債発行に成功する。その後、大蔵大臣となり、政治にかかわっていくことになる。海外を知り、国のため善かれと信じることを、私心なく、真っ向から語り、突き進む。まだ11歳だった横浜時代からの人脈も、彼の人柄によるものか。残りのページが少なくなる。それは二・二六事件が近づいているということだ。自身の日記や緻密なメモなども参考に書かれた作品。外側から見た是清像は少ないが、その魅力的な人柄、功績を知ることができた。 …続きを読む
    クリママ
    2019年07月25日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

「高橋是清」と言えば、名前くらいはほとんどの人が知っていると思いますが、その生涯となるとなかなか知られていないと思います。しかし、これを読めば、面白く是清のことがわかり、当時の政界や経済のこともわかると一石二鳥にも三鳥にもなる作品です。(衣谷弥さん)

今まで伝記小説というものは地味な物と思っていたが、「天佑なり」を読んで自分の中の伝記小説のイメージが変わってしまった。この本は高橋是清の知恵が詰まった実用書でもあり、なんて生ぬるい世の中に生きている事かと気付かされると同時に勇気をもらえる痛快小説である。(k.kさん)

とにかく驚いた。100年前の日本にこんなにも波乱万丈な人生を送った人物がいたとは。次から次へと、それこそページをめくるたび現れる困難。彼のいる場所は目まぐるしく変わり、海の向こうにまで広がる。これは天佑を受けた男の冒険物語だと思った。(りんちゃんさん)

最近チェックした商品