夢のカルテ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041000786

夢のカルテ

  • 著者 高野 和明
  • 著者 阪上 仁志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041000786

『ジェノサイド』の気鋭が綴る、感動のファンタジック・ミステリー!

毎夜の悪夢に苦しめられている麻生刑事は、来生夢衣というカウンセラーと出会う。やがて麻生は夢衣に特殊な力があることを知る。彼女は他人の夢の中に入ることができるのだ――。感動の連作ミステリ。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「夢のカルテ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 阪上さんと高野さん二人でストーリーを考え高野さんが執筆したそうだ。そういう小説の作り方もあるのか…と少し驚き。夢…私もよく同じ夢を見るし、夢を見た後はものすごく疲れている事がある。だから、もしかしたら 阪上さんと高野さん二人でストーリーを考え高野さんが執筆したそうだ。そういう小説の作り方もあるのか…と少し驚き。夢…私もよく同じ夢を見るし、夢を見た後はものすごく疲れている事がある。だから、もしかしたら知らず知らずのうちに誰かの夢にお邪魔したりされたりしているかもしれない。人の出会いは何がきっかけになるかはわからない。カウンセラーと刑事のように世界が違うように見えてどこかで繋がることもあるのかも。二人のこれからも覚める事がないことを祈る。 …続きを読む
    あつひめ
    2013年06月18日
    126人がナイス!しています
  • 連作短編集。人の夢に入りカウンセリングする。軽い感じで楽しめる恋愛もの? 連作短編集。人の夢に入りカウンセリングする。軽い感じで楽しめる恋愛もの?
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2018年01月02日
    115人がナイス!しています
  • 単行本にて読了。カウンセラーは守秘義務を主張するのに、刑事は事件のことをホイホイしゃべっていいのか?矛盾を感じた。 単行本にて読了。カウンセラーは守秘義務を主張するのに、刑事は事件のことをホイホイしゃべっていいのか?矛盾を感じた。
    紫 綺
    2015年08月22日
    114人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品