天地明察(上)

映画化作品

2012年本屋大賞/2010年 第31回 吉川英治文学新人賞/2010年 第7回 本屋大賞(1位)/2010年 第4回 舟橋聖一文学賞/2011年 第4回 大学読書人大賞/第7回 北東文芸賞受賞作

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年05月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041003183

映画化作品

2012年本屋大賞/2010年 第31回 吉川英治文学新人賞/2010年 第7回 本屋大賞(1位)/2010年 第4回 舟橋聖一文学賞/2011年 第4回 大学読書人大賞/第7回 北東文芸賞受賞作

天地明察(上)

  • 著者 冲方 丁
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年05月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041003183

第7回本屋大賞受賞作、待望の文庫化!

4代将軍家綱の治世、日本独自の暦を作る事業が立ち上がる。当時の暦は正確さを失いずれが生じ始めていた――。日本文化を変えた大計画を個の成長物語として瑞々しく重厚に描く時代小説! 第7回本屋大賞受賞作。

人物相関図


おすすめコメント

いま、最も愛されている時代小説はこれだ!! 作家も、学者も、棋士も、ライターも、書店員もTVマンも本読み心を轟かせる「勇気百倍」のエンタテインメント!
「現代人もこういう風に生きられないはずがない。同じ日本人なのだから。」
――養老孟司氏(1/10毎日新聞「日曜書評」より

『こういう生き方って、いいよね』という素直で朗らかなロールモデルの提示。
――内田樹氏(共同通信配信書評より)

実直・素直な渋川春海が愛らしい!苦労したって挫折したってめげない算術オタクに惚れました。
――瀧井朝世氏(ライター)

「たくさん迷ってじたばたしている人にこそ、この物語は読んでほしい。自分の中にある北極星はきっと、春海のようにもがいたらこそ見えてくるのだ。」
――小出和代氏(紀伊國屋書店 新宿本店)

「この小説を読んで、学問って最大のエンタテインメントだと思った。感動です!」
――水野 剛寿(TBSテレビ「王様のブランチ」(TBS系土曜朝9:30~14:00)ディレクター)

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

冲方丁さんトークショー


「天地明察(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本屋大賞で映画化もされているようなので、思わず購入。舞台は徳川四代将軍家綱で、「暦」を作るプロジェクトが始まり、その渋川春海が主人公だが、算術の天才関さんの人物造形が よい。上巻はどちらかと言えば算術 本屋大賞で映画化もされているようなので、思わず購入。舞台は徳川四代将軍家綱で、「暦」を作るプロジェクトが始まり、その渋川春海が主人公だが、算術の天才関さんの人物造形が よい。上巻はどちらかと言えば算術の世界に魅せられた人たちの物語か。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2012年06月10日
    581人がナイス!しています
  • 読んでみて文庫より単行本の方がリズムとして良い様な気がした。ただ、基本算数レベルから苦手なので、少し乗りにくい。関孝和との出会いを期待したが、果たせず下へと続く。少し期待が大きすぎた。「光圀伝」と同じ 読んでみて文庫より単行本の方がリズムとして良い様な気がした。ただ、基本算数レベルから苦手なので、少し乗りにくい。関孝和との出会いを期待したが、果たせず下へと続く。少し期待が大きすぎた。「光圀伝」と同じく、兄との関係もお互いに理解しあっている感じが良い。次巻に期待 …続きを読む
    再び読書
    2013年10月22日
    410人がナイス!しています
  • さすが第7回本屋大賞受賞作、大変面白い作品だった。江戸時代の囲碁棋士であり、天文暦学者の安井算哲という非常に魅力的な主人公の物語にぐいぐい引き込まれた。このような題材の小説なのでどうしても説明の部分が さすが第7回本屋大賞受賞作、大変面白い作品だった。江戸時代の囲碁棋士であり、天文暦学者の安井算哲という非常に魅力的な主人公の物語にぐいぐい引き込まれた。このような題材の小説なのでどうしても説明の部分が多くなり、若干テンポが悪くなるのは致し方ないが、その部分は少し睡魔との闘いが必要だった。今秋公開予定の映画では宮﨑あおいが演じるえんと算哲はどのようにして結ばれるのか、まだ姿を現さない関孝和はどのような人物なのか、下巻が大変楽しみだ。 …続きを読む
    hiro
    2012年07月12日
    408人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

冲方丁(うぶかた・とう)

1977年岐阜県生まれ。96年、大学在学中に「黒い季節」で第1回スニーカー大賞金賞受賞しデビュー。2003年、「マルドゥック・スクランブル」で第24回日本SF大賞を受賞。09年初の歴史小説「天地明察」を刊行、第31回吉川英冶文学賞新人賞、第7回本屋大賞を受賞。2012年、「光圀伝」で第3回山田風太郎賞を受賞。冲方丁 ぶらりずむ黙契録

この著者の商品

最近チェックした商品