試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041000588

ほうき星 下

  • 著者 山本 一力
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041000588

人生を生き抜く勇気が詰まった江戸人情の傑作大河、感動の結末へ!

周囲の人々に支えられ、さちは父から受け継いだ画才を開花させる。しかし祖母に託された志も捨てきれない。揺れる小さな心は幼馴染みへの思いで溢れそうだった。自分の迷いに答えを出すため、さちは土佐へと旅立つ。

メディアミックス情報

NEWS

「ほうき星 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • さちは岡崎俊城の元で絵の研鑽を積み上げ、黄泉の血を開花させる。 そして富岡八幡宮本祭の最中巨匠岡崎が没す。 絵の道、祖母から託された珊瑚屋、そして幹太郎への思慕。さちは歩むべき道に惑う。 うお金の跡取 さちは岡崎俊城の元で絵の研鑽を積み上げ、黄泉の血を開花させる。 そして富岡八幡宮本祭の最中巨匠岡崎が没す。 絵の道、祖母から託された珊瑚屋、そして幹太郎への思慕。さちは歩むべき道に惑う。 うお金の跡取りである幹太郎と添うと言うことはうお金の女将になること。 決意を持って幹太郎に別れを告げるさち。 江戸に来たクジラの見世物に魅せられたさちは、ルーツである土佐へと向かう。 土佐での暮らしはさちにある決心をもたらしたのであった。 ☆彡 下巻になって大きく動き出した。流石の一力節。 …続きを読む
    tengen
    2017年08月31日
    42人がナイス!しています
  • 亡き父・黄泉から受け継いだ天分を発揮し、さちは絵師としての才能を見せる。しかし、祖母・こよりに託された珊瑚商いへの思いも捨てきれない。そんな揺れる心に、いつしか幼馴染みの幹太郎への思いが高まっていく。 亡き父・黄泉から受け継いだ天分を発揮し、さちは絵師としての才能を見せる。しかし、祖母・こよりに託された珊瑚商いへの思いも捨てきれない。そんな揺れる心に、いつしか幼馴染みの幹太郎への思いが高まっていく。自分の進むべき道、選ぶべき人生とは?自分の迷いに答えを出すため、さちはこよりの故郷、土佐の地を踏む。ほうき星の運命を背負い、人生を切り拓いていった娘の物語、感動の結末へ。著者初の、江戸人情大河小説。 …続きを読む
    たーくん
    2018年12月07日
    17人がナイス!しています
  • さちは女絵師を目指すべく、幹太郎との恋をあきらめる。そんな時、たまたま江戸でクジラの見世物を観に行きクジラ漁師たちと顔見知りになる。クジラ獲りの絵を描くことを決めたさちは土佐行きを決める。土佐でクジラ さちは女絵師を目指すべく、幹太郎との恋をあきらめる。そんな時、たまたま江戸でクジラの見世物を観に行きクジラ漁師たちと顔見知りになる。クジラ獲りの絵を描くことを決めたさちは土佐行きを決める。土佐でクジラ漁師たちに大切にされるさちであるが、その頃 江戸の街は安政大地震で壊滅的な被害を受ける・・・山本一力さんは好きな作家なのだが、その女ものはどうも苦手である。どれも主人公がストイックで立派すぎてしまう。このさちという女もずっと一緒にいたら息がつまりそうな気がしてならない。やはり女には愛嬌がほしい。 …続きを読む
    シュラフ
    2014年08月11日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品