湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳

湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041116418
label

湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳

  • 著者 山本 一力
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041116418

人情深い眼差しで、すべてを見通す!?  江戸人情ミステリ待望の第2弾

〈村田屋〉は、江戸で一番と名高い眼鏡屋。あるじの長兵衛の知恵は、困り事を抱える人から頼りにされている。懇意の十手持ちの新蔵に誘われ、長兵衛は王子村の旅籠を訪れた。夕餉の湯豆腐の美味しさに感激し、夢見心地でくつろいでいたところ、突如自身番に引き立てられてしまう。二人には、とある嫌疑がかけられているというが……。すぐれた頭脳と家宝の天眼鏡であらゆる事件を解決する。謎と人情が溢れる絶品時代小説。 〈村田屋〉は、江戸で一番と名高い眼鏡屋。あるじの長兵衛の知恵は、困り事を抱える人から頼りにされている。懇意の十手持ちの新蔵に誘われ、長兵衛は王子村の旅籠を訪れた。夕餉の湯豆腐の美味しさに感激し、夢見心地でくつろいでいたところ、突如自身番に引き立てられてしまう。二人には、とある嫌疑がかけられているというが……。すぐれた頭脳と家宝の天眼鏡であらゆる事件を解決する。謎と人情が溢れる絶品時代小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 蒼い月代
第二話 よりより
第三話 秘 伝
第四話 上は来ず
第五話 湯どうふ牡丹雪
第六話 突き止め
第七話 おてるの灯明台

解説 温水ゆかり

同じシリーズの作品

「湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ2 シリーズ2
    あきのぶ
    2024年01月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品