試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041000724

地の日 天の海(下)

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041000724

壮大なスケールで戦国の英傑たちを描く歴史大河小説!

乱世を渡り歩き、秀吉ら戦国の英傑らと奇縁を得た若き日の天海。時は信長の天下かと思われたが、そこには予想だにしない破滅の足音が近づいていた……。構想20年、ミステリの名手が歴史の謎に迫る野心的大作!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「地の日 天の海(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 推理小説の大家らしい、本能寺の変。歴史を描いても、それぞれの著者の色が出る。戦国に疎い僕でも知ってる三英傑の時代だったこともあって、すらすら読めた。 推理小説の大家らしい、本能寺の変。歴史を描いても、それぞれの著者の色が出る。戦国に疎い僕でも知ってる三英傑の時代だったこともあって、すらすら読めた。
    2018年10月02日
    6人がナイス!しています
  • 織田信長が徹底して自分に逆らう勢力を根絶やしにしていくのが、なんだかやりきれない。人を殺し、燃やし尽くした結果、天下取りの一歩手前で家臣に裏切られるという悲しい結末。作者の内田康夫さんは秀吉が好きなん 織田信長が徹底して自分に逆らう勢力を根絶やしにしていくのが、なんだかやりきれない。人を殺し、燃やし尽くした結果、天下取りの一歩手前で家臣に裏切られるという悲しい結末。作者の内田康夫さんは秀吉が好きなんじゃないかな?と感じる点がアチコチにあるけれど、私はやっぱり信長が好き。この時代の作品はいろいろあるけれど、信長が一人称の作品って少ないな、と思ってみたり。ちなみに本作は家康に仕える以前の天海と明智光秀目線で書かれています。 …続きを読む
    ハルキゲニア
    2019年09月13日
    2人がナイス!しています
  • 若かりし頃の天海(徳川家康の参謀)を描いたものだが、時代設定を“木下藤吉郎・明智光秀の登場~本能寺の変・中国大返し”に合わせている。所々、随風(天海と称する前の名)が登場するものの、桶狭間の戦い、本願 若かりし頃の天海(徳川家康の参謀)を描いたものだが、時代設定を“木下藤吉郎・明智光秀の登場~本能寺の変・中国大返し”に合わせている。所々、随風(天海と称する前の名)が登場するものの、桶狭間の戦い、本願寺攻め、長篠の戦い等々を丁寧に記述しており、ちょっとした歴史書と言った感じ。大方の日本人にとって、この時代(戦国時代)は人気があり、NHKの大河ドラマでも視聴率が良いと聞く。頭の中につぎはぎ的に存在している知識の見直しにはいいかも。尚、浅見光彦ファンには、あまりお勧めできないかもしれません。 …続きを読む
    Yoichi Taguchi
    2015年12月12日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品