源氏物語 千年の謎2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041000137

源氏物語 千年の謎2

  • 著者 高山 由紀子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041000137

映画『源氏物語 千年の謎』原作本の続編!!

『源氏物語』の続編を執筆するため、須磨への旅に出た式部は海岸で琵琶を弾く謎の修験僧に出会い、こころ惹かれるが……光源氏が繰り広げる物語世界と紫式部の現実世界が融合する奇蹟の平安王朝物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語 千年の謎2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 源氏物語と紫式部の実生活が交錯するという、なんとも謎めいたお話。映画になった1の方が面白かった。2は紫式部も光源氏も愛憎の底なし沼にはまり込んでいくようで、読んでいて苦しかった。ちょいちょい設定を変え 源氏物語と紫式部の実生活が交錯するという、なんとも謎めいたお話。映画になった1の方が面白かった。2は紫式部も光源氏も愛憎の底なし沼にはまり込んでいくようで、読んでいて苦しかった。ちょいちょい設定を変えてあるので、明石の君ってこうだった?とか朧月夜ってこうだっけ?とか、もう一度(本物の)源氏物語を読んで確認したくなった。 …続きを読む
    きさらぎ
    2015年06月22日
    29人がナイス!しています
  • すべてはあの夜、ふたつの月から始まった。今作もまた現実と虚構とが入り混じる。物語、まやかしの世界の暴走。物語を紡ぐ者、物語を動かす者は誰なのか。前作で「あなたの掌の上で踊らされていた」と言っていた源氏 すべてはあの夜、ふたつの月から始まった。今作もまた現実と虚構とが入り混じる。物語、まやかしの世界の暴走。物語を紡ぐ者、物語を動かす者は誰なのか。前作で「あなたの掌の上で踊らされていた」と言っていた源氏の君だけど、それについては決着がついたのでよかった。人によるけど、これ『源氏物語』を読んでた方が楽しめるかも。作中作の『源氏物語』の部分もなかなかおもしろかった。 …続きを読む
    2016年08月04日
    7人がナイス!しています
  • 場面の動き方と台詞が印象的で、アニメ作品にしたらおもしろそうな話だった。六条邸が燃えて、燃やしたのが源氏が愛した姫君たちだというところだけは、ぐっと感じるものがあった。紫の上の心にも鬼が、源氏にも鬼が 場面の動き方と台詞が印象的で、アニメ作品にしたらおもしろそうな話だった。六条邸が燃えて、燃やしたのが源氏が愛した姫君たちだというところだけは、ぐっと感じるものがあった。紫の上の心にも鬼が、源氏にも鬼が、式部にも鬼が、多くの人の心に鬼がうまれ、鬼を飼っている。しかし、暑苦しいばかりの男、男、男な道長には鬼も寄り付かないのか?ホラー的でもあった。言葉や発想は斬新だが、全体がもうひとつではあった。 …続きを読む
    ブエノスアイレスの道
    2013年05月17日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品