これからお祈りにいきます

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041104699

これからお祈りにいきます

  • 著者 津村 記久子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041104699

じぶんではない、だれかのために祈るということ――。

人型のはりぼてに神様にとられたくない物をめいめいが工作して入れるという奇祭の風習がある町に生まれ育ったシゲル。祭嫌いの彼が、誰かのために祈る――。不器用な私たちのまっすぐな祈りの物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「これからお祈りにいきます」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 津村さんが描く”祈り”、二篇収録。いつもは鳴りを潜めている不穏がちょっと顔を出すのは致し方ない、それが日常、というスタンスで描かれているのは、ある男子の冴えない生活。読み終わる頃には、それが何とも愛お 津村さんが描く”祈り”、二篇収録。いつもは鳴りを潜めている不穏がちょっと顔を出すのは致し方ない、それが日常、というスタンスで描かれているのは、ある男子の冴えない生活。読み終わる頃には、それが何とも愛おしく感じられる不思議。津村マジック恐るべし。特に、「サイガサマのウィッカーマン」の絶妙なシュールさと、「バイアブランカの地層と少女」の思いがけない着地点にのけ反る。また、ユーモアの効かせ方がさりげなく、それが物語の優しい救済になっていると感じた。”他者の為の祈り”に込められた肯定感に、爽快&胸熱の読後感。 …続きを読む
    めろんラブ 
    2014年11月18日
    133人がナイス!しています
  • 津村さんらしい?ユル〜くホワッとした作品でした。特にインパクトのある展開でもなく、目立つような登場人物もあまりいないのですが、不思議と先が気になり、頁をめくる手が止まらなくなります。表題作は'サイガサ 津村さんらしい?ユル〜くホワッとした作品でした。特にインパクトのある展開でもなく、目立つような登場人物もあまりいないのですが、不思議と先が気になり、頁をめくる手が止まらなくなります。表題作は'サイガサマ'というちょっとした神様を奉る不思議な風習の話で、特にどうということはないのですが、そのユルさがやっぱり津村さんワールドの真骨頂なんでしょうね。フツーの人々がフツーに生活している様子をどこかコミカルに綴る津村さん、やっぱり読んでて癒されます。ハッピーかどうかはともかく、不思議さがストレスなく読めました。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2018年02月24日
    128人がナイス!しています
  • 『祈り』がテーマの短編小説2篇収録。津村記久子さんの小説を読んでいると、RADIOHEADが聴きたくなって、BGMにしながら読んだ。不器用な青年が主人公なところに感化され、自分の若かった頃を思い出させ 『祈り』がテーマの短編小説2篇収録。津村記久子さんの小説を読んでいると、RADIOHEADが聴きたくなって、BGMにしながら読んだ。不器用な青年が主人公なところに感化され、自分の若かった頃を思い出させられた。東日本大震災後の小説でもあり、祈りについての小説でもあり、少し打ちのめされた。西加奈子さんの『サラバ』に出て来る神様って、サイガサマのパクリなのだろうか。 …続きを読む
    抹茶モナカ
    2017年05月10日
    124人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品