これからお祈りにいきます

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041047514

これからお祈りにいきます

  • 著者 津村 記久子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041047514

芥川賞作家が瑞々しく描き出す、不器用な私たちのまっすぐな祈りの物語。

人型のはりぼてに神様にとられたくない物をめいめいが工作して入れるという奇祭の風習がある町に生まれ育ったシゲル。祭嫌いの彼が、誰かのために祈る――。不器用な私たちのまっすぐな祈りの物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「これからお祈りにいきます」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これもお仕事小説じゃない津村作品。『サイガサマのウィッカーマン』ある土地限定の不思議な宗教のお祭りに関わる高校生のつれづれ。味わい深かった。なんか好きです。願いの変わりに何かを無くす人たち、そしてそれ これもお仕事小説じゃない津村作品。『サイガサマのウィッカーマン』ある土地限定の不思議な宗教のお祭りに関わる高校生のつれづれ。味わい深かった。なんか好きです。願いの変わりに何かを無くす人たち、そしてそれを淡々と受け入れている様子が語られる。人は何を願い、何を無くしたくないのか。ままならない。それでもサイガサマは優しい神様なんだと思う。『バイアブランカ〜』の方は恋愛小説か?津村さんの朝日新聞の夕刊小説につながる感じです。夕刊小説、どこにいくのか追いかけなきゃなぁ。 …続きを読む
    papako
    2017年03月01日
    72人がナイス!しています
  • 思春期の少年の小さな恋心とコンプレックスやら進路やらの悩みが詰まった作品って青々しくてキラキラ眩しい感じに思うじゃないですか。それがどうしてなかなか著者の場合そうならない。思いに任せて走り出す!みたい 思春期の少年の小さな恋心とコンプレックスやら進路やらの悩みが詰まった作品って青々しくてキラキラ眩しい感じに思うじゃないですか。それがどうしてなかなか著者の場合そうならない。思いに任せて走り出す!みたいな青春の1シーンすらなんだかそれほどドラマチックにはならない。けれど読後は爽やかな風を感じる不思議。「祈る」ことをテーマにした二つの作品それぞれの祭りやお寺に関する細かすぎる雑学が楽しすぎてにやける。好きな女の子との不器用な交流は、どちらもメール形式で、なんかこう相手の幸せを邪心なく願う様子に心が洗われます。 …続きを読む
    kana
    2018年11月16日
    70人がナイス!しています
  • とてもよかった。ちょっと泣きそうになってしまった。津村さんの作品は安定して面白く、刊行するたびに進化を遂げている。 とてもよかった。ちょっと泣きそうになってしまった。津村さんの作品は安定して面白く、刊行するたびに進化を遂げている。
    佐島楓@勉強中
    2017年02月15日
    65人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品