愛の疾走

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041212172

愛の疾走

  • 著者 三島 由紀夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041212172

三島由紀夫没後40年。笑いあり涙あり、傑作長編エンターテインメント!

半農半漁の村で、漁を営む青年・修一と、湖岸の工場に勤める美代。この二人に恋をさせ、自分の小説のモデルにしようとたくらむ素人作家、大島。策略と駆け引きの果ての恋の行方は。劇中劇も巧みな恋愛長編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「愛の疾走」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1962年に「婦人倶楽部」に連載。三島由紀夫は円熟期の37歳。この小説では客観体の叙述を軸としながら、所々に登場人物たちの1人称体の語りが配されており、その意味では幾分実験的な試みではあるのだが、残念 1962年に「婦人倶楽部」に連載。三島由紀夫は円熟期の37歳。この小説では客観体の叙述を軸としながら、所々に登場人物たちの1人称体の語りが配されており、その意味では幾分実験的な試みではあるのだが、残念ながらそれは必ずしも成功しているとも言い難い。諏訪湖畔で細々と漁業に従事する青年、修一を主人公に設定した点では『潮騒』に似ていなくもないが、彼の恋の相手はモダンなカメラ工場に勤める美代である。この二人の恋の行方が、アマチュア作家大島の作中作『愛の疾走』と並行して描かれてゆく。この点でも実験的ではあるのだが…。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2012年11月06日
    113人がナイス!しています
  • 三島由紀夫のエンタメ小説。素人作家の大島が小説「愛の疾走」を執筆するために、漁業を営む青年・修一と近代的なカメラ工場で働く美代に恋愛をさせようと企む。仕掛けられた恋愛の行方は如何にーー本作もとても楽し 三島由紀夫のエンタメ小説。素人作家の大島が小説「愛の疾走」を執筆するために、漁業を営む青年・修一と近代的なカメラ工場で働く美代に恋愛をさせようと企む。仕掛けられた恋愛の行方は如何にーー本作もとても楽しく読みました。劇中劇というのがミソ。大島の奥さんが気風が良くてがカッコイイ。彼女が恋のキューピッド。三島はこういう女傑を書くのが上手いと思う。修一のような朴訥な青年って今はあんまりいないような。彼のうじうじ悩んでる姿は書かれた当時は「奥ゆかしい」という美徳だったんだろうな。三島文学に初めて触れる人にもオススメ …続きを読む
    蓮子
    2017年04月25日
    101人がナイス!しています
  • 舞台は風光明媚な諏訪湖畔、相変わらず三島の情景描写が美しい。純情な漁師の青年と湖畔のカメラ工場で働く美女との恋愛小説である。恋にうぶな二人、初キス同士の描写は初々しく眩しい。ちょっとコミカルで、ユーモ 舞台は風光明媚な諏訪湖畔、相変わらず三島の情景描写が美しい。純情な漁師の青年と湖畔のカメラ工場で働く美女との恋愛小説である。恋にうぶな二人、初キス同士の描写は初々しく眩しい。ちょっとコミカルで、ユーモアセンスにあふれた作品です。 …続きを読む
    じいじ@リハビリ & 懸命に減量中。
    2020年02月10日
    87人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品