にっぽん製

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041212158

にっぽん製

  • 著者 三島 由紀夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041212158

三島由紀夫没後40年を記念し、初文庫化!

ファッションデザイナーとしての成功を夢見る春原美子は、洋行の帰途、柔道選手の栗原正から熱烈なアプローチを受ける。が、美子にはパトロンがいた。古い日本と新しい日本のせめぎあいを描く初文庫化。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「にっぽん製」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 角川文庫のライト三島シリーズの1冊。今ではレトロな趣きさえするモダン小説。今しもパリから帰ってきたばかりの美子と正が主人公。物語を推進していくのは新進のデザイナー美子。その後から朴訥に付いていくのが柔 角川文庫のライト三島シリーズの1冊。今ではレトロな趣きさえするモダン小説。今しもパリから帰ってきたばかりの美子と正が主人公。物語を推進していくのは新進のデザイナー美子。その後から朴訥に付いていくのが柔道家の正だ。『禁色』と時を同じくして書かれたらしいが、正は悠一のようなスマートで都会的な青年ではない。一人住まいの部屋で亡くしたばかりの母親の遺影に話しかけるマザコン男だ。身体は大きく立派なのだが。なにしろ彼は柔道会のエース。三島の庶幾する「にっぽん製」は、「気は優しくて力持ち」の単純明快な男性像なのだ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2014年11月26日
    188人がナイス!しています
  • 三島由紀夫のエンタメ小説。パリから帰国した柔道家の栗原正とファッションデザイナーの春原美子。正は美子に一目惚れするが、美子には金杉というパトロンがいてーー軽快な恋愛小説。とても楽しく読みました。どこか 三島由紀夫のエンタメ小説。パリから帰国した柔道家の栗原正とファッションデザイナーの春原美子。正は美子に一目惚れするが、美子には金杉というパトロンがいてーー軽快な恋愛小説。とても楽しく読みました。どこか憎めない次郎や美子のお得意様である笠田夫人など、脇役も魅力的なキャラが沢山。書かれた当時の風俗なんかも垣間見えて何だか懐かしい気分になります。「金閣寺」のような重厚な文学作品も好きですが、本書のようなライトな作品も好きです。ラストは一応、ハッピーエンド。それにしても、三島は複雑な女性心理を描くのが上手い。 …続きを読む
    蓮子
    2017年04月24日
    105人がナイス!しています
  • ユニークなタイトルに惹かれて衝動買いした。いつもの三島小説のように途中立ち止まることなく、めっちゃ面白くて、肩も凝らずに一気に読了。1952年の朝日新聞の連載小説だそうだ。フランス帰りで流行の先端をゆ ユニークなタイトルに惹かれて衝動買いした。いつもの三島小説のように途中立ち止まることなく、めっちゃ面白くて、肩も凝らずに一気に読了。1952年の朝日新聞の連載小説だそうだ。フランス帰りで流行の先端をゆくFデザイナーと純情な青年柔道家の恋路を柱に、初老のパトロン、元恋人の中年画伯を脇役に配した、とてもユーモアあふれる仕上がりです。「彼女の精神的暴力には、とても叶わない!」と大の男が嘆くシーンには思わず笑った。読み終えて、西洋カブレする日本人の成金主義への、三島からの警告と皮肉を感じた。 …続きを読む
    じいじ
    2022年02月08日
    100人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品