熱帯夜

2009年 第62回 日本推理作家協会賞(短編部門)受賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043873029

2009年 第62回 日本推理作家協会賞(短編部門)受賞

熱帯夜

  • 著者 曽根 圭介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043873029

日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作!

タイムリミットは2時間。美鈴とボクをヤクザの人質にして金策に走った美鈴の夫は戻ってくるのか? ボクは愛する美鈴を守れるのか!? 緊迫の展開、衝撃のラスト。ミステリとホラーが融合した奇跡の傑作。

メディアミックス情報

NEWS

「熱帯夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とにかく表題作『熱帯夜』が群を抜いて圧巻でした。スタンダードなミスリードスタイルな作風ですが、構えて読んでいても無意識にグイグイとひきこまれてしまいます。全体的にシンプルな短編3作から構成されています とにかく表題作『熱帯夜』が群を抜いて圧巻でした。スタンダードなミスリードスタイルな作風ですが、構えて読んでいても無意識にグイグイとひきこまれてしまいます。全体的にシンプルな短編3作から構成されていますが、どの作品も読みやすく、アッという間に読了してしまいます。ホラーというジャンルで手がだしにくい感があるのかもしれませんが、決してグロいワケではなく、ジワジワとくる展開は他の作品では得ることが少ない満足感を味わえることは間違いないと思います! …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2013年07月06日
    166人がナイス!しています
  • ただ一言、面白かった!個人的には『鼻』よりも好み♪3編とも傑作だが、やはり仕事柄、年寄“ギン”VS若者“アオ”の図式が生々しい『あげくの果て』が印象的。結構な現実味を危惧しながら読み進む一方で、全く別 ただ一言、面白かった!個人的には『鼻』よりも好み♪3編とも傑作だが、やはり仕事柄、年寄“ギン”VS若者“アオ”の図式が生々しい『あげくの果て』が印象的。結構な現実味を危惧しながら読み進む一方で、全く別の3つの視点が最後にバッチリ合わさってお見事!新しいゾンビ小説な『最後の言い訳』、このタイトルも乙で素晴らしい。その逆転に感嘆して、まさかの恋愛展開に切なくなると思いきや、結局…(笑)『熱帯夜』は少し勘ぐり過ぎて、何となく読めてしまったが、各所で笑えて大満足♪ …続きを読む
    nobby
    2016年10月01日
    133人がナイス!しています
  • 今と季節感が真逆の「熱帯夜」思わぬ展開に唖然とし、改めて曽根さんって凄いと感動。数々の伏線の回収は思わず二度読み確認。やくざに監禁された主人公と、人身事故を起こした看護師目線の入れ替わりの妙。「あげく 今と季節感が真逆の「熱帯夜」思わぬ展開に唖然とし、改めて曽根さんって凄いと感動。数々の伏線の回収は思わず二度読み確認。やくざに監禁された主人公と、人身事故を起こした看護師目線の入れ替わりの妙。「あげくの果て」は近未来的な話。貧乏国家となった日本。70歳を迎えた老人が徴兵検査に…\お迎え\の実体は。親子三代の行く末も。若い虎之助はきっと…!全くあり得ないとは断言出来ない現況が怖い。「最後の言い訳」は蘇生者と生者の話。一番SF的。気持ち悪い描写もあり、ラストも直下に落ちた。でも又読みたくなりそうな本。 …続きを読む
    まこみん
    2016年12月25日
    108人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品