なぎさ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041105788

なぎさ

  • 著者 山本 文緒
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041105788

人生の半ば、迷い抗う大人たちを描く、著者15年ぶりの長編小説!

故郷を飛び出し、静かに暮らす同窓生夫婦。夫は毎日妻の弁当を食べ、出社せず釣り三昧。行動を共にする後輩は、勤め先がブラック企業だと気づいていた。家事だけが取り柄の妻は、妹に誘われカフェを始めるが。


おすすめコメント

「なぎさ」とは、「あわい」の空間である。山本文緒は人と人の、人と場所のあわいを、精確に、的確に、描きだしている。
――榎本正樹さん(文芸評論家)

この繊細さ、あたたかさ。生きにくい日々を何とか持ちこたえているすべての人に読んでほしい。
――梯久美子さん(ノンフィクション作家)

濡れた砂に足をとられていた人たちが、一歩前に踏み出す。行き先は陸か、海か。けれど、その背中を見つめる作者の視線はどこまでもあたたかい。
――窪美澄さん(作家)

変わり続けるがために変われない人々。変わることへの絶望から、変わろうとする人々。スリリングな交錯が描かれたこの小説には、絶望を経て鍛えられた希望がある。
――斎藤環さん(精神科医・評論家)

悲しみや怒りは尽きないけれど、向き合うことで、生傷さえも絆に変えることができると知った。
――島本理生さん(作家)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「なぎさ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。平凡に暮らしているように見える夫婦や若者の打ち明けられない悩みを綴ってます、後半まで。家族だからこそ言えない痛み。それを乗り越えてあの老夫婦のような優しさが生まれるのかなと。最後は癒やしと希 図書館本。平凡に暮らしているように見える夫婦や若者の打ち明けられない悩みを綴ってます、後半まで。家族だからこそ言えない痛み。それを乗り越えてあの老夫婦のような優しさが生まれるのかなと。最後は癒やしと希望がある終わり方で良かったです。 …続きを読む
    ナイスネイチャ
    2015年01月03日
    208人がナイス!しています
  • 山本さんは初読み。本屋を覗いていたら、かもめが飛ぶ美しい海の風景の表紙に見せられつい購入。そしたらサイン本でした。親子間、夫婦間、友人関係、会社関係の全てどこか傷があったり、すれ違いの関係に、読んでい 山本さんは初読み。本屋を覗いていたら、かもめが飛ぶ美しい海の風景の表紙に見せられつい購入。そしたらサイン本でした。親子間、夫婦間、友人関係、会社関係の全てどこか傷があったり、すれ違いの関係に、読んでいて胸がつまってしまう。人生うまく回っている人もいれば、負のスパイラルから抜け出せない人もいる。それでもハッピーエンドで終わるのが「癒しの本」の世界だけど、この作品ではプチ幸せの光明しか見出せない。きっとそういう辛い人生を送る人達もいるんだろうなぁ。と思わせる作者の力量に感服。舞台が京急久里浜というのも珍しい。 …続きを読む
    kishikan
    2015年01月30日
    161人がナイス!しています
  • 夫婦ってこんなものなのだろうな、との想いがまず頭に浮かび上がって読了。互いに相手を思いながら、言葉で表現できずに悶々として長年暮らしてしまう関係。同じ悩み、過ちを繰り返しながら。夫婦がいて、親がいて、 夫婦ってこんなものなのだろうな、との想いがまず頭に浮かび上がって読了。互いに相手を思いながら、言葉で表現できずに悶々として長年暮らしてしまう関係。同じ悩み、過ちを繰り返しながら。夫婦がいて、親がいて、姉妹がいて、部下がいて、関係薄い人たちがいて、そしてご近所さんがいて。普通にあり得る関係なのに、妙に自身の気持の中に沁みわたってくる、そんな感じを著者に表現され、戸惑いの気持で一杯。けっして強く訴えている訳ではないのに、何故? 人間模様の不可思議さを目の当たりにする、そんな感じなのでしょうね。 …続きを読む
    Yunemo
    2014年01月09日
    110人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

今いる場所がわからなくても、私たちは生きて行かなきゃならない。主人公と自分がオーバーラップして仕方なかった。(peteruさん)

最後のページを閉じた時、自然と涙があふれていた。弱った心にそっと寄り添う、優しい作品だと感じました。 私にとっての心の処方箋です。(レイチンさん)

妹がいる立場なので、主人公の気持ちがわかり、胸が詰まる思いでした。(えりんこさん)

著者紹介

山本文緒(やまもと・ふみお)

1962年11月13日横浜市生まれ。神奈川大学卒業後、会社員生活を経て作家に。99年『恋愛中毒』で第20回吉川英治文学新人賞、2001年『プラナリア』で第124回直木賞受賞。小説に『ブルーもしくはブルー』『群青の夜の羽毛布』『ファースト・プライオリティー』『アカペラ』。エッセイに『かなえられない恋のために』。本作は中編小説集『アカペラ』以来5年ぶりの新刊、『恋愛中毒』以来15年ぶりの長編小説である。

最近チェックした商品