確信犯

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年07月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784048740708

確信犯

  • 著者 大門 剛明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年07月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784048740708

自分が正しいと思えば、彼らは何でもやる。たとえ殺人でさえも―。

広島で起きた殺人事件。被告人は無罪を勝ち取った。だが何人かは知っていた。彼が真犯人であると。14年後、この事件を担当した裁判長が殺され――。裁判員制度などの司法改革の是非を問う社会派推理。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「確信犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 事件から14年、当時の裁判長が判決を誤ったと告白、そして殺害された。事態は再び動き出す…。裁判員裁判、法テラス、司法の問題に深く切り込んだ社会派ミステリー!!小難しい言い回しが多く、なかなか読み進まな 事件から14年、当時の裁判長が判決を誤ったと告白、そして殺害された。事態は再び動き出す…。裁判員裁判、法テラス、司法の問題に深く切り込んだ社会派ミステリー!!小難しい言い回しが多く、なかなか読み進まない。けれどその堅苦しさは決して嫌いじゃない!!!確信犯…普通犯罪者は自分の行為がの行為が悪いってわかっててやっている。だけど確信犯は違う。むしろ彼らは正義のただ中にいると思っている… 私も確信犯、会議を荒らすのは正義の為です…笑!!!! …続きを読む
    Satomi
    2016年02月06日
    74人がナイス!しています
  • この展開は想定外だった。驚いた。しかし小説として面白いかどうかは別。登場人物が多過ぎて把握しづらい。 この展開は想定外だった。驚いた。しかし小説として面白いかどうかは別。登場人物が多過ぎて把握しづらい。
    takaC
    2013年09月13日
    69人がナイス!しています
  • どう言う結末になるのか ドキドキ・・・ 響子さんが まさか!そんな~ で唖然としましたがー。 それにより薄っぺらな穂積が、こんなに人格が変わるものか‼と、違和感が有りました。それでも面白かったです。 どう言う結末になるのか ドキドキ・・・ 響子さんが まさか!そんな~ で唖然としましたがー。 それにより薄っぺらな穂積が、こんなに人格が変わるものか‼と、違和感が有りました。それでも面白かったです。 最後のどんでん返しには 驚きました。拓実の その後が気になります。 …続きを読む
    ミーコ
    2015年09月21日
    53人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品