試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041916148

緩やかな反転

  • 著者 新津 きよみ
  • イラスト 水口 理恵子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041916148

被害者と加害者、二人の女性が入れ替わる――。

最後に覚えているのは、訪問者を玄関に招じ入れたこと。次に気付いたとき、亜紀子は野球のバットを握り、床に倒れた自分を見下ろしていた。入れかわった二人の女性の人生を描きだすサスペンスミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「緩やかな反転」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ふらりと立ち寄ったブックオフで見つけ、帰ってから一気に読了。気が付けば血が着いたバットを持って、倒れて動かない「自分」を見下ろしていた、という場面から始まるストーリー。精神が\入れ替わった\相手の素性 ふらりと立ち寄ったブックオフで見つけ、帰ってから一気に読了。気が付けば血が着いたバットを持って、倒れて動かない「自分」を見下ろしていた、という場面から始まるストーリー。精神が\入れ替わった\相手の素性を探り、その自宅で本人のふりをして生活しながら、謎を解こうと苦慮する。このあたり、柿谷美雨の「夫のカノジョ」をふと思い出すような流れ。が、まったく接点がなかったと思われた2人の関係が少しずつ見えてくると俄然面白くなる。長い話だが最後までダレずに読ませてくれた。達彦の婚約者、萌子など、脇役の印象も強く楽しめた。 …続きを読む
    ジンベエ親分
    2018年01月13日
    33人がナイス!しています
  • 最後の記憶は家に人が来たところ、次に気づいたときはその訪問者の体で血のついたバットを握っていてそばには倒れている自分が。入れ替わったあとの生活の大変さやドタバタ。そして予想以上に早く元に戻ったけどその 最後の記憶は家に人が来たところ、次に気づいたときはその訪問者の体で血のついたバットを握っていてそばには倒れている自分が。入れ替わったあとの生活の大変さやドタバタ。そして予想以上に早く元に戻ったけどその後明らかになっていくこと…。終盤はちょっと「それでいいのかな?」みたいなところもあるけど、全体的に面白かった。元・芸能人で現・探偵の人って他でも見たけど、いくつかに登場してるのかな。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2019年09月08日
    30人がナイス!しています
  • 現実にはありえそうにもないのが小説なら、これもありですかね。設定に無理があってもなかなか興味深く、自分だったらどうなんだろ?入れ替わってしまっても自分を保っていけるのだろうか?最後はこれで良かったのか 現実にはありえそうにもないのが小説なら、これもありですかね。設定に無理があってもなかなか興味深く、自分だったらどうなんだろ?入れ替わってしまっても自分を保っていけるのだろうか?最後はこれで良かったのかな?・・・?ばかりですがおもしろかった。 …続きを読む
    カブ
    2014年12月31日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品