第16回 日本ホラー小説大賞 短編賞

角川ホラー文庫

今昔奇怪録

第16回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044094096

第16回 日本ホラー小説大賞 短編賞

角川ホラー文庫

今昔奇怪録

第16回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作!

  • 著者 朱雀門 出
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044094096

第16回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作!

町民会館の書棚で見つけた古い書物。地域の怪異の記録のようだ。何かに導かれるようにその怪録を持ち帰ると、何故か読んだ一編と同様の怪異を体験してしまう。第15回ホラー小説大賞短編賞受賞作を含む全5編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「今昔奇怪録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 表題作は妻が怪異があったと思われる場所へ行くことを固執する様が薄気味悪かったのですが結末に納得。でもあれは本当に名誉なことなの・・・?『疱瘡婆』のオチは予想通り。でも『狂覚』は訳が分からないかったです 表題作は妻が怪異があったと思われる場所へ行くことを固執する様が薄気味悪かったのですが結末に納得。でもあれは本当に名誉なことなの・・・?『疱瘡婆』のオチは予想通り。でも『狂覚』は訳が分からないかったです。ゾンビ嫌いとしては終わりのないゾンビ・ゲームに入ったとしか思えない『釋迦狂い』も怖いが一番、怖いのは『きも』。途中で入る「ヤマキは狂ったんだ」という言葉から不穏な事実が告げられていき、結局、「ヤマキは狂ったんだ」と発言したモノは分からないって・・・・ああ、厭だ(泣) …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2014年07月16日
    55人がナイス!しています
  • 短編集。 表題作の『今昔奇怪録』は番号が抜けてたり記述が無かったりしてたけど自分には意味が分からんかった。なので、もう少し長い話にしてくれた方が自分には良かった気がする。 短編やからか全体的に物足りな 短編集。 表題作の『今昔奇怪録』は番号が抜けてたり記述が無かったりしてたけど自分には意味が分からんかった。なので、もう少し長い話にしてくれた方が自分には良かった気がする。 短編やからか全体的に物足りなかった気がする。それぞれ長編やったら良かったのになぁ。 …続きを読む
    はらぺこ
    2012年02月13日
    54人がナイス!しています
  • 今昔怪奇録:表題作は怪奇の現れ方を不鮮明にすることでフォークロアな風合いと、ぞくっとさせるいい味を出している。疱瘡婆:何故か落語調の語りをイメージした、オチは想像の範囲であるがなかなかに身につまされる 今昔怪奇録:表題作は怪奇の現れ方を不鮮明にすることでフォークロアな風合いと、ぞくっとさせるいい味を出している。疱瘡婆:何故か落語調の語りをイメージした、オチは想像の範囲であるがなかなかに身につまされる。釈迦狂い:狙っての構成だろうが中途半端な感じでいまひとつ。きも:研究生を対象においた理論と恨みの対比がよい。狂覚:被験者・干渉者・観察者・統括者とわけたところの効果が十分に読み取れず文中の鏡というアイテムが生きていない、被験者と観察者の2者対比でまとめたほうがすっくりと怖がることができるのではと感じた。 …続きを読む
    sin
    2014年08月26日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品