乱灯 江戸影絵 上

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041227633

乱灯 江戸影絵 上

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041227633

大岡裁きは美化されている! 痛烈な批判を込めた時代サスペンス。

江戸城の目安箱に入れられた一通の書面。それを読んだ将軍徳川吉宗は大岡越前守に探索を命じるが、その最中に芝の寺の尼僧が殺され、旗本大久保家の存在が浮上する。将軍家世嗣をめぐる思惑。本格歴史長編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「乱灯 江戸影絵 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 家重の出生に纏わる伝奇ミステリー。上巻では目安の文を読んだ吉宗が不可解な指示をする。忠相には人名のみで探索を。抜擢された同心・香月弥作と藤兵衛親分の前に怪しい鍼医者が。そして庵主殺しが発生し、犯人に仕 家重の出生に纏わる伝奇ミステリー。上巻では目安の文を読んだ吉宗が不可解な指示をする。忠相には人名のみで探索を。抜擢された同心・香月弥作と藤兵衛親分の前に怪しい鍼医者が。そして庵主殺しが発生し、犯人に仕立てられた男。弥作の釣り友で庭番の青木文十郎が旅絵師として旅立つ。あらゆる情報が越前の国へ繋がっていく。吉宗の紀州時代、綱吉から最初にもらった領地が越前丹生郡、家重の生母はその地の出身とされている。吉宗が気にするのはその出自と家重の病名のようだ。目安箱へ投じた者が示され・・。2筋の探索に引き込まれる。★3.5 …続きを読む
    ソババッケ
    2018年02月04日
    6人がナイス!しています
  • 松本清張って時代小説も書いていらしたんですね。知らなかったです(無知なだけ)。どの物語でも緻密。 松本清張って時代小説も書いていらしたんですね。知らなかったです(無知なだけ)。どの物語でも緻密。
    かねだいっち
    2010年03月31日
    0人がナイス!しています
  • 時代小説だけど、ストーリーは清張先生王道のサスペンスです。 なんとなく読みはじめたけど意外と読みやすく面白い。解りづらい用語がたまに出るので、辞書を手元に置いといたほうがより理解できていいかもです。 時代小説だけど、ストーリーは清張先生王道のサスペンスです。 なんとなく読みはじめたけど意外と読みやすく面白い。解りづらい用語がたまに出るので、辞書を手元に置いといたほうがより理解できていいかもです。
    ほげむー
    2009年09月09日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品