おそろし 三島屋変調百物語事始

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年07月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784048738590

おそろし 三島屋変調百物語事始

  • 著者 宮部 みゆき
  • イラスト 小泉 英里砂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年07月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784048738590

何が白で、何が黒か。娘の心を溶かす不思議な江戸の「百物語」。

ある事件を境に心を閉ざした17歳のおちかは、神田三島町の叔父夫婦に預けられた。おちかを案じた叔父は、人々から「変わり百物語」を聞くよう言い付ける。不思議な話は心を溶かし、やがて事件も明らかになっていく

メディアミックス情報

NEWS

「おそろし 三島屋変調百物語事始」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 江戸物・世話物・心温怪談。恐いので5話の間に休憩を入れながら読んだ。袋物屋の三島屋の黒白の間。囲碁をするための部屋だった。長兄の娘、おちかが、訪れた人から話を聞く。「百物語事始」と副題にあるように、最 江戸物・世話物・心温怪談。恐いので5話の間に休憩を入れながら読んだ。袋物屋の三島屋の黒白の間。囲碁をするための部屋だった。長兄の娘、おちかが、訪れた人から話を聞く。「百物語事始」と副題にあるように、最初の5話分が入っている。そのうちの一つはおちか自身の物語。5つの話がめぐりめぐって、最初の段落が終わる。一つづつの話は「おそろし」いので書けない。「家の光」2006年1月号から2008年7月号の連載。単行本化にあたり、加筆訂正とのこと。比べてみるのも一興。書いとかないと雑誌のある図書館に行った時に忘れるため。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年05月27日
    337人がナイス!しています
  • 【貌言は華なり。至言は実なり。苦言は薬なり。甘言は疾(やまい)なり。宮部は慈愛なり】すれ違う心と心が招いた惨劇。自責の念に心を閉ざすおちか。伯父で主人の代役としてもてなした相手は、碁好きの伯父が黒白の 【貌言は華なり。至言は実なり。苦言は薬なり。甘言は疾(やまい)なり。宮部は慈愛なり】すれ違う心と心が招いた惨劇。自責の念に心を閉ざすおちか。伯父で主人の代役としてもてなした相手は、碁好きの伯父が黒白の間と名付けた部屋から見た、庭の曼珠沙華の花に蒼白となる。おちかに何か通じる物を感じた客人が、生涯胸に秘めてきた出来事と想いを語ったことをきっかけに、伯父の荒療治・おちか一人を聞き役に、五日に一人の割合で、不思議で妖しい話をするお客を募る変形百物語。善も悪も、清濁併せ持つのが人間。客人の語る物語は、時に懺悔→ …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火
    2013年07月10日
    261人がナイス!しています
  • なんとなくそうだろうと思っていたら、案の定シリーズ物なのですね。面白いのだけど(本が)厚いですね。次のはどの本だ? なんとなくそうだろうと思っていたら、案の定シリーズ物なのですね。面白いのだけど(本が)厚いですね。次のはどの本だ?
    takaC
    2014年10月06日
    239人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品