七月のクリスマスカード

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
472
ISBN:
9784048738538

七月のクリスマスカード

  • 著者 伊岡 瞬
  • 装丁 角川書店装丁室 高柳雅人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
472
ISBN:
9784048738538

もう涙なんて忘れてしまった……。

深い喪失感を抱く少女は、ある初老の男と出会い、互いに何かを見いだそうとした……。横溝正史ミステリ大賞を満場一致で受賞してデビューした実力派が描く、迫真のサスペンス!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「七月のクリスマスカード」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 母親はアル中、父親は昔家を出て行ったきり音信不通という家庭で幼い弟と二人、辛抱強く生きる小学生の少女と、娘を誘拐され、生死も判らぬまま歳老いてしまった元検事が出会い、お互いの心を探りあいながら距離を縮 母親はアル中、父親は昔家を出て行ったきり音信不通という家庭で幼い弟と二人、辛抱強く生きる小学生の少女と、娘を誘拐され、生死も判らぬまま歳老いてしまった元検事が出会い、お互いの心を探りあいながら距離を縮め、近づいた先に突然の悲劇に見舞われて…。二人の出会い、検事の過去、現在の三章からなっていて、誘拐事件の謎に迫る二章から話が突然動きだして惹きつけられて、三章の少女の家庭の過去の事件の真相に唖然。永瀬さん、美緒と出会えて最後に少しは救われたのかな。そして叔母の薫さん、過去のいきさつがあるとはいえ、何と良い人。 …続きを読む
    uririn
    2017年03月22日
    31人がナイス!しています
  • 幼い娘が誘拐され行方不明のままという元検事。そしてアル中の母を持ち、弟が兄弟に殺されたかもしれないという美緒という少女。この二人が出会い交流していく。誘拐事件そして、弟の事件の真相を知りたくて非常に興 幼い娘が誘拐され行方不明のままという元検事。そしてアル中の母を持ち、弟が兄弟に殺されたかもしれないという美緒という少女。この二人が出会い交流していく。誘拐事件そして、弟の事件の真相を知りたくて非常に興味深く読み進めた。弟の事件は意外な結末が待っていたが、誘拐に関しては、はっきりとしない点があり消化不良気味だった。もう少し驚くような真実を期待していた。ただ、この本はミステリーを解明するというよりも、元検事の生き様や少女との交流という点に重点が置かれている気がする。美緒に、明るい未来をと願う。 …続きを読む
    もぺっと
    2017年02月24日
    25人がナイス!しています
  • 一気読み。いい話だった。人との出会いが とても素敵に思える。 一気読み。いい話だった。人との出会いが とても素敵に思える。
    なな
    2019年07月13日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品