与謝野晶子の源氏物語 下 宇治の姫君たち

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784044084035

与謝野晶子の源氏物語 下 宇治の姫君たち

  • 著者 与謝野 晶子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784044084035

情熱歌人が愛し訳した王朝の恋物語! こなれた訳文で、通読に最適。

積極的な匂宮と沈静で冷静な薫との間で揺れる浮舟が失踪した・・・・・・。情熱歌人・与謝野晶子が恋物語としての面白さを濃縮して翻訳した『新訳源氏物語』。読みやすくて挿絵入り。「早蕨」から「夢の浮橋」まで7

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「与謝野晶子の源氏物語 下 宇治の姫君たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 与謝野(訳)源氏(物語)最終巻、「早蕨48帖」(薫の君25歳)~「夢浮橋54帖」(薫の君28歳)。源氏の君、亡き後、その義子の薫の君と源氏の外孫の匂宮を中心に宇治の八の宮の姫君たちとのたおやかな交流・ 与謝野(訳)源氏(物語)最終巻、「早蕨48帖」(薫の君25歳)~「夢浮橋54帖」(薫の君28歳)。源氏の君、亡き後、その義子の薫の君と源氏の外孫の匂宮を中心に宇治の八の宮の姫君たちとのたおやかな交流・生活が繰り広げられる。そんな中、薫の君と匂宮との板挟みで苦悩した挙句、取った浮舟の君の行動とその顛末が切なくも物悲しさを感じる。“もののあはれ”を垣間見る。また、機会を作って、田辺、谷崎、寂聴の源氏も読んでみたい。 …続きを読む
    Gotoran
    2013年08月24日
    18人がナイス!しています
  • ほとんど何が起こってるのかわからない。これは連載小説だったのではないかと思った。 ほとんど何が起こってるのかわからない。これは連載小説だったのではないかと思った。
    記憶喪失した男
    2016年04月28日
    6人がナイス!しています
  • 上巻や中巻の豪華さは宇治にはありません。現代でいえば、「わび・さび」の世界。特に下巻の構成の緻密さ、心理描写の精密さ豊かさはいかに紫式部や与謝野晶子が後半を意識していたかがわかります。二人の恋に悩み、 上巻や中巻の豪華さは宇治にはありません。現代でいえば、「わび・さび」の世界。特に下巻の構成の緻密さ、心理描写の精密さ豊かさはいかに紫式部や与謝野晶子が後半を意識していたかがわかります。二人の恋に悩み、自殺を図った浮舟、生き残った浮舟にまた恋の炎を燃やしてしまう薫。この両者の物語で終わることは、何かを意図していたのでしょうが、多くの研究書があっても、まだわかることではなさそうです。もしかしたら続きが出てくる可能性もありますし。まさに「もののあはれ」の体現です。 …続きを読む
    kyouikufs
    2013年11月23日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品